元『あいのり』のでっぱりん傷害事件!!結婚したばかりなのに暴行って大丈夫か?

10月8日にユーチューバーのヤスと入籍を発表したばかりの、元『あいのり』出演者のでっぱりんに傷害事件の疑いがかかっています。

『あいのり』出演時からその暴力性は話題になっていましたが、ついに番組外でも障害事件を起こしたようです。

文春砲によって明らかになったでっぱりんの暴行疑惑を調査してみたいと思います。

でっぱりんのプロフィール

  • 名前:でっぱりん
  • 本名:山本彩(旧姓:浜崎)
  • 生年月日:1995年10月09日
  • 年齢:25歳(2020年10月10日時点)
  • 出身地:福岡県

人気バラエティ番『あいのり Asian Joruney』に”でっぱりん”というあだ名で出演し、名が広まりました。

2020年10月8日に、婚約していたユーチューバーと結婚したことを発表しました。

番組出演時から垣間見えたでっぱりんの暴力性

でっぱりんは、オーディションから番組に出演することになった一般女性ですが”「あいのり」伝説の女”と呼ばれるようになります。

その理由が番組内でのなりふり構わぬ行動にあったと業界関係者は明かします。

若い男女の恋愛がテーマの番組にもかかわらず、彼女はお酒を飲むとすぐ感情的になって博多弁で暴言を吐きまくるんです。『貴様コラァ!』などと叫びながら他メンバーを殴る、蹴る。静止に入った50代の撮影スタッフにも暴力を振るい、最終的には泣き叫ぶ彼女の両手足をスタッフが拘束して他メンバーと隔離する始末。放送時には『視聴いただく際には十分ご注意ください』と、視聴者の精神的ストレスを考慮した前代未聞のテロップが入るほどでした。

しかし番組を見ていた方ならわかると思いますが、彼女は仲間思いでまっすぐな性格のため、メンバーと真剣に向き合うあまり感情的になってしまうだけ。最終的にはメンバーとも仲直りしますし、MCのベッキーやいとうあさこ、オードリーらにも“でっぱりん”は大人気でした

引用元-文春オンライン

このように暴力性も見せつつも、まっすぐな性格のためみんなから愛されていたキャラクターのようでした。

しかしそんな、愛されキャラのでっぱりんが長年の友人に暴行を働いたというのです。

でっぱりんが起こした傷害事件

そんな愛されキャラでっぱりんの傷害事件を『文春オンライン』が報じました。

報道の内容は次の通りです。

  • 10代の頃からの親友A子に対し、暴行した疑いがあり今は絶縁状態
  • A子は3歳の娘の前ででっぱりんに暴力を振るわれ全治2週間の怪我
  • A子は傷害事件の被害者として警察の聴取を受けている
  • 事件後も、でっぱりんから「貸した金返せ」などと連絡が来る
  • でっぱりんもA子に暴行されたとし被害届を提出

事件が怒ったのは今年の7月ごろで、事件後すぐにA子は警察に被害届を出し、現在調査中のようです。

 

しかしこんなトラブルのさなかでっぱりんは

  • 10月8日に結婚を発表
  • 10月10日に熊本市内で『おヤスの唐揚げ』というお店のオープンを発表

と精力的に活動しています。

事件の方は大丈夫なのでしょうか・・・?

暴力沙汰にいたるまでの経緯

暴行事件にいたるまでの経緯をまとめていきます。

事の発端は2019年7月、『あいのり』のシーズン2が終わった頃、A子はでっぱりんからある事業の相談を持ちかけられたといいます。

A子はでっぱりんから「タピオカ店を開くから店長として雇われてくれないか」と言われたようです。

『あいのり』放送直後なこともあってか「でっぱりんプロデュースの看板でやればお客さんが集まるから」と強気だったようです。

 

しかし当時A子は会社員として2歳の娘を育てていたので、安定した仕事をやめることに不安があったようです。

そんなA子のためらいを予測してかでっぱりんは

「大丈夫、30万円を給料として毎月支払うから!」と当時の収入の倍額を提示してきました。

そこでA子は完全に目がくらみタピオカ店で働くことを決意しました。

「もっと頭使って」「クソ赤い」月給30万円から歩合制に

タピオカ店は2019年11月3日に開店しました。

しかし、そんなに甘くないのが飲食業界、A子さんは厳しい洗礼を受けてしまいます。

九州の片田舎に素人がタピオカ店を開いたところで、人が集まるわけがなかったのです

そして、オーナーであるでっぱりんは開店後の数日間しか店に顔を出さず「あとは頑張って」と言わんばかりに海外旅行に言ってしまったようです。

お店に来るお客さんも店の惨状をみかねた友人ばかりで、日に数百円〜数千円程度の売り上げしかない日が続きました。

1日の売り上げを報告するたびに、でっぱりんから来るのは怒りのLINE

『もっと頭使って』『クソ赤字』『こんなんじゃ潰れるばいまじで』

と叱責されたといいます。

実際のLINEのやりとりがこちらです。

月給30万円だった約束も、日毎の売り上げに対する歩合制になり、月3万円稼げれば良い方だったそうです。

しかしそんなA子の努力も虚しく、開店からわずか19日後の11月22日、タピオカ店は一時閉店することとなります。

でっぱりんは自身のブログに「赤字すぎるくらい赤字なので私が熊本に戻るまでお店閉めます」と投稿します。

数日後すぐに再開し、今年1月にはリニューアルオープンしましたが、コロナの影響もありタピオカ屋は休業せざるを得なくなっています。

でっぱりんによる暴行

でぱりんとA子の関係が一気に崩れたのは、7月29日から30日にかけてのことだったようです。

この日、A子とその娘、でっぱりん、でっぱりんの彼氏(ヤス)、友人の5人で熊本市内にあるカラオケで遊んでいたようです。

でっぱりんはお酒を7杯ぐらい飲んでおりかなり酔っ払っていたとのことです。

そして事件は起こります。

でっぱりんがA子に『もう一度、飲食店を開こう』『開店資金はないから、借金しよう』と持ち掛けてきましたが、タピオカ屋のことがあるのでさすがにもう付き合いきれず、『借金するのはちょっと……』と反応。

すると、A子の娘(3歳)に対し、でっぱりんは『今まで面倒みてやってたけど正直邪魔だと思ってた』と吐き捨て、A子の顔を殴ってきたという。

彼氏がでっぱりんを止めに入るも、彼氏も殴られ鼻血を出しながらなんとか止めようとしていたようです。

しかし、でんぱりんが彼氏にむかって「お前離れろ」と冷たい言葉を浴びせると彼氏は手を話してしまし、でっぱりんの暴行は再開されました。

その後友人たちがでっぱりんを押さえているあいだに、A子と娘はカラオケ店から逃げ出しました。

逃げ出すA子に向かってでっぱりんは「このクソ貧乏人が!」「逃げんのか!」と罵声を浴びせていたようで、騒ぎを聞きつけた近所の住人が警察を呼びことなきを得たようでした。

翌日、病院で診察してもらい、警察へ被害届を提出しました。

でっぱりんから「金返せ」と連絡が・・・でっぱりんも被害者?

事件から2週間ほどが経ってから「着払いで私の私物全部送ってください」とでっぱりんから連絡がありました。

でっぱりんはA子の家に数ヶ月居候していた時期があり、その時の荷物のようです。

連絡がきたが、警察から連絡を取るなと言われていたため、荷物だけ送って返信はしなかったとのこと。

9月に入ると、今度は『貸した金を返せ』という連絡がくるようになったという。

「今まで貸したお金。数カ月間払ったお前の家賃。コロナで仕事できないときに私の気持ちで払ったお金。すべて返してください。お前は最低」と書かれています。

居候していたときは、でっぱりんが払うと言い、払ってくれていたようです。

また、気持ちで払ったお金とは、でっぱりんが自分の特別定額給付金10万円をA子に譲ってくれたことや、『収入がないと生活ができない』と相談したときにいくらか工面してくれたと。

A子は「金返せというなら未払いの給与を全額支払って欲しい」と答えていたので、未払いの給料があるようですね。

でっぱりんは100万円ちかく貸したのに、という事ですが、A子は言いがかりとしています。

またでっぱりんの金銭要求は、A子の両親まで送られていたようです。

 

10月10日、文春がでっぱりんに取材すると、暴行は認めているが、「お金を貸している状況ですし、私が一方的に悪いわけでもなんでもないので」とのこと。

また、でっぱりんも被害届を出しているとのこと。

 

取材後に文春砲が報じられていますが、でっぱりんはこの件について触れていません。

いつものようにSNSを更新していました。

まとめ

でっぱりんの傷害事件についてまとめました。

『あいのり』出演時から垣間見えた暴力性がついに開花したと言った感じです。

旦那さんと開いた唐揚げ屋も、ネットでは「お店行きたくない」「客として行っても殴られそう」とすでにケチが付いている状態です。

タピオカ屋に続き唐揚げ屋も閉店とならなければいいのですが・・・。

今回は以上です。