歌手のELISAがマネージャーからのセクハラをコレコレ生配信で訴える!

元々は2020年10月1日号の『週刊新潮』で歌手のELISAさんが事務所のマネージャーからセクハラ被害を受けていたと告発されています。

しかし、週刊新潮では報じられたものの、あまり大きく報道されていないようです。

大きく報道されなかった理由が、ELISAさんが所属している事務所に忖度して報道しなかったとされています。

そんな報道のされかたに納得いかなかったELISAさんの彼氏であるユーチューバーのKING TOMOROさんが、コレコレ氏の生放送中に告発しました。

ELISAのプロフィール

  • 名前:ELISA(エリサ)
  • 生年月日:4月14日生まれ
  • 年齢:非公表
  • 出身地:神奈川県
  • 事務所:スマイルカンパニー(2020年9月末退所予定)

ELISAさんは2007年10月にメジャーデビューしております。

元々はモデルのオーディションを受けファイナリストに残っていたのですが、審査員にモデルになりたい理由を聞かれ「モデルじゃなくて歌手になりたい」と告白。

急遽歌を披露したところ、同席していた音楽関係者の目に止まりメジャーデビューに至ったようです。

アニメソングを中心に活動しており、「とある科学の超電磁砲」のエンディングテーマや、「ハヤテのごとく」のオープニングテーマなど有名なアニメの主題歌を歌っています。

現在は「銀河英雄伝説」のエンディグテーマを担当しています。

週刊新潮で報道された内容

ELISAさんはマネージャーからのセクハラ被害を「週刊新潮」に告発しました。

問題のマネージャーは30代後半の妻子持ち、2018年5月からELISAさんのマネージャーになったようです。

一緒に仕事をするようになってまもなく、「前から可愛いとおもってた」と打ち明けられセクハラ行為が始まったようです。

その内容が

  • 打ち合わせと称し、食事に誘われる
  • 泥酔したマネージャーに抱きつかれ、キスされる
  • 飛行機の座席でズボンを下ろして舐めて欲しいと要求
  • 性行為を求められ断れなかった
  • 歌の練習中、リハーサル室に入ってきてキスを強要
  • 下着の中に手を入れてきた

などなど・・・。

ELISAさんはマネージャーが仕事を持ってきてくれるので気持ちを押し殺して我慢していたようですが、セクハラ行為がエスカレートし2019年11月に社長にセクハラの件を打ち明けたようです。

その後、弁護士がついて双方のヒアリングが行われた結果…

「性的な言動はあったが、ハラスメントではない」、「合意の上の行為」と結論づけられたようです。

この告発がきっかけで、ELISAさんは社長から疎んじるようになったり、マネージャーと関係を持つようなタレントは扱いづらいとまで言われたようです。

結局、ELISAさんは2020年1月、自ら辞めると事務所に告げ、2020年9月いっぱいで契約解除となったようです。

セクハラ行為をしていたマネージャーは処分をうけたのか、どうなのかは明らかになっていません。

と、ここまでが週刊新潮で報道された内容です。

実際は違ったのか?

コレコレ氏の生配信に登場したELISAさんによると、基本的には間違った報道はされていないようです。

しかし、事務所側から「合意の上の行為」と結論づけられてしまい、それを含めて真実を話してくれました。

報道の中になかった告発には、夜中の3時とかに「今から飲みに行こう」と誘いの電話があり、断ると「ああ、そうなんだ、来ないんだ。俺のこと嫌いなんだ」と脅すような感じの発言をされたようです。

また性行為を強要されて断れなかった理由としては、やはり仕事がもらえなくなるという恐怖感があったと言います。

しかも断ると「(俺に)嫌われたらクビにするのは簡単だよ」や「次のマネージャーなんかいないんだからね」とELISAさんの弱みにつけこんで関係を迫っていたようです。

実際に性行為が行われた場所も、日本ではなくハワイ公演の際に強要されて逃げ場がなかったようです。

なぜ大きく報道されないのか?

ELISAさんの所属する「スマイルカンパニー」は山下達郎さんや竹内まりあさんなど錚々たるメンバーが在籍する事務所です。

また、週刊新潮とスマイルカンパニーの社長が交流があり、圧力はなくても忖度して大ごとにはしなかったようです。

業界関係者を名乗る人物からのタレコミ

コレコレ氏の生配信中に、業界関係者と名乗る人物からタレコミが入ります。

タレコミ内容は

その人物によるとELISAさんとマネージャーは不倫関係にあり、何らかの理由で2人は別れたけど、新しい彼氏(KING TOMORO)が謝罪を求めて会社に乗り込んできたようです。

有名な方が所属している事務所なので、ことを荒立てればお金が取れると考えたのでしょう。

このような感じです。

ELISAさんはこれも明確に否定しています。

しかし、この噂を誰が流したかはわからないですが、ELISAさんが現在の事務所を辞めることが決まった時に、他の事務所から声をかけられたのですがその時に「不倫してたみたいだけどうちで面倒みるよ」的なことを言われたそうです。

誰が噂を立てたかはわかりませんが、業界内では事実がそのように改変されているようです。

セクハラをしたマネージャーの現在は?

ELISAさんにセクハラをしていたマネージャーは現在どうなっているのでしょうか?

週刊新潮では処分を受けたかどうかは明らかになっていないと報じましたが、現在はマネージャーは事務所を退社したようです。

ELISAさんの彼氏は「クビになった」と言っていましたが、本当にクビなのか自主退職なのかは現状分かっておりません。

まとめ

芸能界の闇を感じる生配信でした。

ELISAさんが切実に語っていた「私がもっと売れていれば」という言葉がとても印象的でした。

今回は以上です。