極楽とんぼの新番組『週末極楽旅』に批判殺到で炎上!コロナ禍での旅番組に疑問の声も

お笑いコンビ・極楽とんぼによる新番組『週末極楽旅』が、BS日テレで1月13日からスタートします。

しかし、この番組に対し批判の声が集まっており軽い炎上状態です。

いったい何があったのでしょうか?

『週末極楽旅』スタート

同番組は昨年10月と11月にわたって3回放送されていたが、ついにレビュラー化。

山本圭壱さんが週末コーディネーターとして、多忙を極める加藤浩次とゲストを自由気ままな週末極楽旅へと案内す番組です。

加藤浩次さんと山本圭壱さんは放送前のオンライン会見で

「山本さんがスタッフと一緒にロケハンに行って、ここで食べようとかここで何か遊ぼうとか、すべて決めているんで。山本さんありきなんですよ」

と山本さんありきの番組だとアピール。

また、今後については

「コロナ禍で行けない、1泊2日で台湾、韓国とか近い海外、離島に行ってみたい」

「緊急事態宣言下での楽しみ方も提案できたら」

とコメントしました。

『スッキリ』でのコメントと真逆の加藤浩次

加藤浩次さんが司会を務める情報番組『スッキリ』で加藤さんは「Go To キャンペーン」を批判するなどしていました。

しかし、自分はロケに出かけるなど真逆な行動を取っています。

また、山本圭壱さんもコロナに感染したにもかかわらず呑気なコメントを出しています。

これに対し、世間からは批判の声が集まっています。

山本圭壱に対する甘さが原因

今回この番組がスタートし、呑気なコメントを発表するのも、加藤さんの山本さんに対する甘さが原因だといいます。

「今回、山本は16年に吉本興業に復帰後、初のテレビでのレギュラー。加藤は山本の吉本復帰にも多大なる尽力をしただけに、山本に旅のコーディネーターという“重役”を与えてしまった」

山本さんをなんとかテレビに復帰させたいという、加藤さんの気持ちが時期を逸した番組スタートの要因だと思われます。

世間の反応は?

コロナ禍で世間は外出を控えている中での”旅番組”のスタートに批判が多く寄せられています。

明らかに旅がメインの番組なので、放送するのは緊急事態宣言下ではダメだね

テレビ局・スポンサーの意図が分からない。コロナ感染拡大状況下で何故今旅番組なのか

加藤はあれだけ医療関係者に負担なるからGOTOはやめろ!と言っているのに、旅番組とは。。。
結局、他人事なんだな。
それならそれでいいけど、テレビで偉そうに政府批判しないで欲しいよ。
菅さんよりも無責任ですよ。

加藤は、連日のコロナ感染者の状況を報道している立場だろうに、医療関係者の負担増になりうるリスクのある行動をなぜ今取ろうと思うかね。
一都三県以上に広がろうとしている緊急事態宣言の重みより、極楽とんぼの活動を優先するつもりか。

大晦日に地上波でグルメだの旅だのやってたテレビ局もありましたね。
ちょっと前はgotoに乗っかって、ニュース番組でもグルメだ旅だってウッキウキで放送してましたよね。
緊急事態宣言が出なければコロナなんてなかったかのように振る舞ってるのがテレビ局ですよ。
こんな番組を制作して放送するのも「何が悪いの?」程度にしか思ってないでしょ。

最後に

念願の極楽とんぼでのテレビ出演ですが、タイミングが悪すぎますね。

もしこの番組でコロナ感染者が出てしまったら、加藤さんは『スッキリ』の司会の座も危うくなるのではないでしょうか?

コロナ禍でなければ楽しめたんでしょうけどね・・・。