『グッとラック!』の打ち切りが決定!後番組の司会には麒麟・川島明とSHELLYが内定も目新しさが無いと話題に

落語家の立川志らくさんが司会を務める、朝の情報番組『グッとラック!』。

打ち切りの噂が流れていましたが、今年春で終了し、新番組の司会に麒麟の川島明さんとSHELLYさんが内定していると、『週刊文春』が報じました。

関連記事

小林麻耶アナウンサーの降板騒動で何かと世間を騒がせている、TBS朝の情報番組『グッとラック』が来年3月をもって打ち切り終了となることが週刊誌『フラッシュ』が報じました。 いったいどういうことなのでしょうか? 番組打ち切りの理由は? […]

新番組は『SUNNY』(仮)

週刊文春は「2021年4月改変資料」を入手したといい、その中には『グッとラック!』の後番組について書かれていたようです。

新たにスタートする新情報番組の仮タイトルは「SUNNY」で、番組のターゲットは20歳から49歳までの「アクティブ主婦」。コンセプトは「お金をかけなくても、今の暮らしが10倍楽しくなる番組」

といい、企画内容は

「人気ラーメン店店主が選んだ、本当に美味しいカップ麺トップ10」、「第7世代芸人が行くロケ企画」として「有名シェフと一緒に、コンビニ食材で最高の手抜き料理を作る」

などが挙がっているようです。

企画のラインナップを見る限り、報道番組というよりも”情報バラエティー”といった側面が強そうですね。

川島明とSHELLYが選ばれた理由は?

視聴率の低迷が嘆かれていた『グッとラック』。

その後番組となると起死回生を図る大事な番組です。なぜ川島明さんが選ばれたのでしょうか?

TBS関係者は

吉本芸人ぽくない清潔感と、バラエティ番組でも出しゃばらず、それでいて話を振られるとしっかり笑いを取れる頭の回転の速さがあり、テレビ界では高く評価されているのです

と語っており、一方SHELLYは

2019年に離婚し、2児のシングルマザーとなりましたが、夫から離婚を切り出されたことなど、その顛末を包み隠さず話したことで逆に好感度が上がりました。“シンママ”のMCというのも現代的で良いという判断です

またサブMCには田村憲久厚労大臣の実娘・田村真子アナウンサーが抜擢される予定です。

ネットの反応

週刊文春では『グッとラック』の後番組について報じていますが、これについてネットでは

また吉本芸人か、川島は確かに頭も良いし、主婦受けすると思うけどTBSには腐るほど局アナがいるんだから局アナを使えば良いと思うけどねぇ、何でもかでも吉本頼みで情けない話です

観たいと思える内容ではない・・
ドラマの再放送で良いのに

ワイドショーではなく,はなまるマーケットみたいなの目指すってことかな?
だとしたらキャストはわるくないけど自社アナウンサーがたくさんいるから
サポート役にでてくるのだろうか?

川島さんはめちゃくちゃ能力高いからバラエティで見たいんですよ。朝の帯とかやっちゃうと、今までみたいな本数出るのスケジュール的に厳しくなるからマジでやめて欲しい。
そもそも裏で華丸大吉とか加藤さんがやってるんだから、TBSももう少し違う人選、違うコンセプトで考えなきゃ、今と同じ結果だと思う。

誰がキャスティングしてるのか知らないがTBSはセンスが無さ過ぎる
予算ないなら局アナ使えばいいのに

など比較的冷ややかな反応が多く見られます。

最後に

視聴率低迷で打ち切りが決定した『グッとラック!』。

後継番組は、ワイドショーではなく『はなまるマーケット』のような番組を目指すようですね。

他がワイドショーばかりなので、うまい具合に差別化が計れるといいですね。

今後の続報にも注目していきたいと思います。