『グッとラック!』が来年3月で打ち切り決定か?小林麻耶の降板が影響?立川志らくが問題?

小林麻耶アナウンサーの降板騒動で何かと世間を騒がせている、TBS朝の情報番組『グッとラック』が来年3月をもって打ち切り終了となることが週刊誌『フラッシュ』が報じました。

いったいどういうことなのでしょうか?

番組打ち切りの理由は?

『フラッシュ』によると、小林麻耶アナ降板騒動から数日後にTBS関係者から

「2021年の3月に『グッとラック』が終了することが、極秘に決定したのです」

引用元:FLASH

との情報をキャッチしたようです。

番組打ち切り理由については

「数字を取れなかったことが大きな理由」

引用元:FLASH

としており、小林麻耶さんの降板騒動は直接的な原因では無いようです。

各キー局が朝のワイドショーに力を入れいている中『グッとラック』は視聴率が番組開始直後は1〜2%台で推移しており、稀に4%を台を記録するなど低迷が続いています。

それに対し、『とくダネ!』や『スッキリ』もここ最近では低迷しているものの7%台と3%も引き離している状態です。

テコ入れも効果なし?小林麻耶降板がトドメ?

番禺開始直後は視聴率1〜2%台と圧倒的に負け組だった『グッとラック』ですが、今年の9月にテコ入れとして全曜日のコメンテーターとして、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんを投入。

曜日コメンテーテーとして、フワちゃんや橋下徹さん、3時のヒロインの福田麻貴さんを投入しましたがあまり良い結果は出ておらず、視聴率は相変わらずの低空飛行のようです。

そんな中で小林麻耶さんの降板騒動。

番組の打ち切りの直接的な原因では無いですが、結果的にトドメをさした形になったのでは無いでしょうか?

新番組は『はなまるマーケット』を参考?

関係者によるとすでに新番組に向けて動き出しているようで

「これまで『グッとラック』は情報制作局が作っていましたが、新番組はコンテンツ制作局が作ることになりました」

引用元:FLASH

と制作部署が変わったことを明かしており、その理由が

「(新番組は)ワイドショー的な要素を抑え、過去の『はなまるマーケット』を参考にして、生活情報を中心にする予定です。」

引用元:FLASH

と語っております。

『グッとラック』打ち切りは極秘情報で出演タレントも知らされていない

また、番組終了は極秘事項のようで

「MCの選定も始めましたが、情報漏洩を防ぐため、局内にわざわざ秘密の会議室を用意し準備を進めています」

と明かしています。

また出演タレントを抱える芸能事務所も

「チーフプロデューサー以上の責任者たちが、3月以降の番組内容について話し合っている、ということは聞いていますが、終わるとは聞いていません」

と突然の番組打ち切り報道に困惑を見せています。

しかし、スタッフ間ではすでに諦めモードで、番組終了と聞いても特に驚きは無いようです。

ネットの反応

一回見させてもらいましたけど、二度と見ないっておもいました。
何故、この方を選んだのか?
何故フワなのか?
疑問しか感じませんでした。

志らくでは無理・・って番組前から言われていたよね。。
テコ入れ陣にしても、橋下徹は別として、芸人だかタレントだか中途半端な面々を揃えて、そりゃ朝の情報番組としてはメンツを見れば見たくないとなりますって。。。
田村淳のコメントを主婦層が朝から聞きたいですか?
フワちゃんを朝から見たいですか?

何一つ視聴者を引き付ける魅力がない。
制作側には大きな課題が残ったな。。。

そもそも志らくはMCに向いてないしギリギリコメンテーターがいいとこでしょ。他のキャスティングも朝の情報番組には不釣り合いだし、人気者より情報を正確に判断して分析できる人物が必要。
志らく云々では制作側の問題。

TBSは優秀な局アナがいっぱい居るんだから、局アナをメインで番組作ったら良い。制作費も抑えられるだろう。

など、番組内容以前にキャスティングに対する厳しい意見が見受けられました。

新番組決定か?

追記1/6 新番組が決定したと週刊文春が報じました。

関連記事

落語家の立川志らくさんが司会を務める、朝の情報番組『グッとラック!』。 打ち切りの噂が流れていましたが、今年春で終了し、新番組の司会に麒麟の川島明さんとSHELLYさんが内定していると、『週刊文春』が報じました。 [siteca[…]

最後に

『グッとラック』の打ち切り情報についてまとめました。

『グッとラック』の司会に抜擢された立川志らくさんは、開始当初から否定的な声が多く挙がっておりこのような結果になってしまったのも必然だったのではないでしょうか?

新番組はワイドショー的ではなく生活情報番組になるとのことですが、結局元に戻る形になりそうですね。

次回は世間の中途半端な人気に振り回されず、朝の顔になるようなキャスティングを期待します。