ジャパンライフ山口元会長が逮捕。ジャパンライフ問題の概要

全国の約1万人から約2100億円もの資金を集めた末に破綻した「ジャパンライフ」の元会長、山口隆祥容疑者(78)らが18日、警視庁などに詐欺容疑で逮捕されました。

ジャパンライフ事件の概要

ジャパンライフは昭和50年に健康器具などの製造販売業として設立しました。

磁気ネックレスなど100万〜600万円の高額な磁気治療器を販売する一方で、購入商品を別の顧客に貸し出す「レンタルオーナー制度」という預託商法を展開していました。

「レンタルオーナー制度」とは、顧客が購入した商品を同社が預かり、レンタルして使用料を顧客に払う制度です。利率は6%を謳っていました。

このレンタルオーナー制度、預託を受けていた商品は2万2,441個だったが、実際に貸し出していたのはわずか2,479個と10分の1しか貸し出していませんでした。

山口容疑者は「桜を見る会」に列席していた

この会社元々は普通の会社だったのだと思います。テレビでCMもよく見ましたし。

そして、安倍元首相が開催していた「桜を見る会」にも招待されています。

そして、この「桜を見る会」に招待されていたことを悪用して、顧客の信用を勝ち取ります。

被害者は高齢者が多かったようですが、高齢者は安倍元首相と繋がりがあるのを見て信じてしまったのでしょう。

2,400億円の負債を抱えて倒産

全盛期は売上高が1,509億円をあげるなど急成長していたが、その後はは常に自転車操業だったようです。

しかし、ジャパンライフの経営陣は、いずれ破綻することをわかっていながら、破綻直前まで顧客からお金を集めていました。

取引先への支払い遅延や被害弁護団の結成などトラブルが相次ぎ、2017年12月に銀行取引亭処分を受け事実上倒産しました。

しかし、取引停止処分後も「倒産していない。必ず返金する」と強弁し勧誘を続けていたそうです。

事実上倒産しているにも関わらず、事業を停止しないジャパンライフにしびれを切らした被害者弁護団が、2018年に破産を申し立て、完全に倒産することになります。

その時の負債総額は2,400億円にも登ると言います。

逮捕の罪状は「詐欺の疑い」

今回逮捕されたのは、山口隆祥容疑者をはじめ14人が逮捕されました。

罪状は「詐欺の疑い」、自転車操業で配当の見込みがないのにも関わらず、顧客から資金を集めていたからです。

山口容疑者は「詐欺ではない」と訴えているようですが、どうなることでしょう。

まとめ

ジャパンライフ問題についてまとめて見ました。

本件では1億円を超える被害を被った方もおり、そのほとんどが高齢者です。個人的には厳罰に処して欲しいものです。

また、ジャパンライフの元社員が顧客名簿を悪用して、営業しているとの噂もありますので更なる注意が必要です。

今回は以上です。