ジャニーズ事務所が所属タレントに薬物検査実施!大野智の薬物疑惑の過去も・・・

ピエール瀧さんや沢尻エリカさん、伊勢谷友介さんなど、複数の著名人が薬物で逮捕されていますが、ジャニーズ事務所が所属タレントに薬物検査を実施していたことを15日発売の『女性自身』が報じました。

テレビ業界・広告業界からは歓迎の声

『女性自身』によると、ジャニーズ事務所は11月末から所属タレント400人を対象に薬物検査を実施したとこのことです。

また今後も薬物検査は半年に一度のペースで継続していくとのことで、テレビ業界や広告業界からは歓迎の声が挙がっています。

「正直、テレビ局としては事前の薬物検査は非常に助かる。しかし、正直芸能プロに対してそれを強要するのは難しい。事務所は事務所で、タレント個人個人に『検査を受けてくれ』と言うのは信頼問題にもかかわるから言いづらさがあるといいます。しかし、今回ジャニーズが率先して旗振り役になってくれたのは、業界的にはありがたい話だと思う。『ジャニーズもやってるからうちも』と続いてくれると助かりますね」

テレビやCMなどでは出演タレントの薬物使用が発覚すると、作品がお蔵入りになってしまう可能性があるので、確かにこれは助かりますよね。

嵐・大野智の薬物使用疑惑

ジャニーズといえば、過去には2007年に元・光GENJIの赤坂晃さんが覚醒剤取締法違反で現行犯逮捕されており、即刻事務所を解雇処分されています。

また、08年には嵐の大野智さんに大麻使用疑惑が浮上したこともありました。

特に大野さんの薬物疑惑を尾を引いたようで

「特に大野の大麻報道はその後結構、尾を引いたんですよね。しかも当時この報道に関しては事務所内でもアンタッチャブル扱いで、メディアへ箝口令もしいて“一切無視する”ことで事なきを得た。つまり、大野に対して薬物検査などは行われなかったんです。でも、もし今似たような報道が出た場合は薬物検査は必至だし、メディアへの影響力も落ちているジャニーズですから大野の時のように黙殺することは不可能でしょう。一斉薬物検査はジャニーズにとっても、過去の失態を鑑みてタレントにプレッシャーをかける意味合いもあるでしょう」

ジャニーさんが亡くなってから、業界を黙らせる力を失いつつあるジャニーズ事務所。

今回の事前薬物検査は、自衛のためにも当然の成り行きなのでしょう。

NHKはキャスティング時に身辺調査も

毎年薬物で逮捕される芸能人はあとを絶ちません。

一度薬物使用が発覚すると、作品のお蔵入りは当然のごとく企業イメージを損なうおそれもあります。

すでに広告代理店などは、CM起用時に芸能事務所に対し事前の検査を契約事項に盛り込むこともあるといいます。

さらにNHKではキャスティング時に厳しい身辺調査をしているとのことで

「NHKはいま特に薬物にはピリピリしている。今年の紅白歌合戦なんかも、少しでも薬物使用の噂が出たことのある歌手に関しては極力除外したそうです。『いだてん』のピエール瀧、『麒麟がくる』の沢尻エリカと大河ドラマが2作続けて薬物トラブルで迷惑を被ったわけですから、神経質になるのも致し方ない。ジャニーズは、昨年から滝沢秀明副社長がNHKに熱心に営業をかけており、大河や朝ドラにジャニーズのタレントを売り込んでいるので、薬物検査実施はNHKへのアピールという側面もありそう」

と語っています。

NHKに関しては今年4月以降、大河ドラマやNHK連続テレビ小説など、定時に放送のレギュラー番組の出演者に対し、正式契約を交わす前に違法薬物の所持・使用や反社会的勢力との関わりがないことを制約する書面の提出を求めています。

しかし、これは契約書ではないため罰則などは特に設けられていないようです。

最後に

爆笑問題が所属する「タイタン」や「ワタナベエンターテインメント」なども薬物検査を実施しており、業界大手が率先して薬物検査を実施するのはいい流れだと思います。

今後もこの流れが加速していき、芸能界から薬物が一掃されることを期待したいところです。