石田純一がYouTubeデビューするもチャンネル登録者数500人と大コケ。批判も殺到し厳しいか?動画あり

何かとお騒がせな俳優・石田純一さんが、自身の誕生日である1月14日にYouTubeチャンネルを開設していたことが明らかになりました。

しかし、チャンネル登録者数が伸びず大コケしていることが判明し、ネットでは様々な声が上がっています。

動画で全てを話す?石田純一

チャンネル開設後最初の動画は「【あの日の真相】お騒がせ男・石田純一、すべてをお話しします」と題した動画をアップ。

インタビュー形式で始まる動画で、動画の冒頭では「共感・共生」をテーマに「誰かの役に立つような様々な動画を配信していきたい」と語り、例として自身の得意ジャンルである「恋愛」に関する動画の投稿などを考えていると明かしています。

そして肝心のコロナ禍の自身の行動については

ご迷惑をお掛けして
不愉快な思いをさせて
すみませんでした

と謝罪しましたが、「その報いはいっぱい受けた」としレギュラー番組4本、CM5本失ったと明かしました。

しかし、それはここで言うべきなのか?という声も多く、反省していないと取られても仕方がない言動だと思われます。

また沖縄に行ったことについては

「東京にいてわかる問題ではない」

と沖縄にある石田さんが経営するお店のスタッフに言われ、不要不急ではなく「要」があるし急いで決めないといけないことがあるから行ったと明かしました。

また女性お持ち帰り問題に関しては、沖縄では一切女性と関わっていないとし、福岡の話は「女性と週刊誌が”作戦”で作った話」だと批判とも言えるコメントを出しています。

東尾理子との夫婦仲について

18日にアップした動画では夫婦の離婚危機についても語っています。

奥さんである東尾理子さんとの夫婦仲についてきかれ

「(理子さんが)冷めて行った部分はある」

「(世間に)叩かれたとか収入が少なくったとかだけではなくて、考え方が信じられない」

と明かしています。

1月20日時点で、動画は2本アップされていますがどちらも低評価が多く厳しい状況が伺えます。

石田純一のYouTubeチャンネルはどうなのか?

石田純一さんのYouTubeチャンネルはこれから伸びる可能性はあるのでしょうか?

広告代理店の関係者は

ここ数年の間で芸能人も続々とYouTubeに参戦してきていますが、かなり厳しい状況。一般人レベルですね。

そもそもYouTubeで収益を得るためには、チャンネル登録者数1000人以上が最低条件となります。

もっとも1000人をちょっと超えたぐらいでは”お小遣い程度”にもなりません

と指摘しており、専門家が見ても厳しいようです。

ネットの反応は

石田純一さんのYouTube参戦についてネットでは厳しい意見が多く見られます。

登録者1万人行ったらいい方なのではないでしょうか。わざわざYouTubeで石田純一を見たいという人はそう多くはないでしょう。

YouTubeでわざわざ赤裸々告白しなくても、週刊誌がスクープするだろうからチャンネル持つ必要が皆無に近いよね。

親戚や取材目的の人以外にも登録してくれる人がいるのなら、感謝しなくては。
あそこまで色々やらかした上に、言い訳三昧の人のタワゴトなんて聞くが起きないのが普通でしょ。

また動画のコメント欄でも

あなたから学ぶことは何もないです。

頼むから消えてくれ。頼むから浮気するな。嫁さんが可哀想。

世間に迷惑ばかりかけておいてYouTubeデビューってなんやねん笑

など厳しい意見が多数を占めています。

最後に

石田純一さんのYouTubeデビューについてまとめました。

1月20日時点で、チャンネル登録者数が570人と芸能人にしては厳しいスタートをきっている石田さん。

以前話していた、謎の組織についても話してくれることを期待します。

関連記事

合コン&お持ち帰り報道をめぐり、「週刊女性」と全面戦争中の石田純一。 同誌が4泊5日の福岡出張でゴルフや飲み会に興じていたことを報じ、これに怒った石田が自身のラジオ番組で「間違いが多い。怒っています」とヒートアップ。 マスコミを[…]