戦慄かなのが詐欺?NPO設立のためクラウドファンディングで集めた資金を整形に私的流用か?

戦慄かなのさんが、2018年に児童虐待を解決するためのNPO法人設立のためにクラウドファンディングで集めたお金を私的流用しているのでは?との疑惑が出ており軽く炎上し始めています。

一体どういうことなのか調査していきます。

NPO法人設立のためクラウドファンディングでお金を集める

戦慄かなのさんは、2018年に「児童虐待を解決するためのNPO法人設立」を名目にクラウドファンディングでお金を集めました。

クラウドファンディングでは目標金額85万円に対し353万円ものお金が集まりました。またわずか2日で目標金額に達成したようで注目の高さが伺えます。

戦慄かなのさんはこの結果に対し「目標達成のお礼と直近の活動」と題し

クラウドファンディングを開始してすぐに目標金額の半分以上を達成したこともおどろきましたが、2日後には目標達成のお知らせが来て本当に驚きました!支援してくださった皆様、本当にありがとございます。

と感謝を述べ、活動状況については

WEBサイトの運営や講演活動をより積極的に行うために使わせていただきたいと思います。

としています。

また、設立予定のNPO法人「bae」については

baeに関する直近の活動としては、実は見切り発車でNPO申請の手続きは行なっていて問題がなければ年内には設立できそうです。その他の講演や教師の方の勉強会への参加なども予定していますので、また活動が決まりましたらご報告したいと思います。

としました。

最初のお礼から2ヶ月後にはbaeの状況を

現在のbseの状況ですがNPOの申請がそろそろ完了しそうなので法人化の準備をしたり、パンフレットの内容を検討したりしています。

と順調に進んでいる報告をしています。

NPO法人「bae」とは?現在の活動は?

戦慄かなのさんが設立しようとしてたNPO法人「bae」は児童虐待を解決することを目的としたNPO法人で、その目的を公式サイトでは

baeの目標は育児放棄や児童虐待のない世の中を作ることです。特に外から分かりにくい金銭的には問題のない家庭での育児放棄や児童虐待の問題を解決するためにbaeを作りました。

代表者である戦慄かなのが体験してきた育児放棄や児童虐待は、食事がもらえない、暴力をふるわれるといったものでした。ただし、両親の収入自体は安定していたため外からは虐待が行われているとは分かりにくく、結局外部に助けを求めることもできませんでした。

このような現実をまずは知ってもらい、そして子供たちのために活動するために2019年1月7日にbaeはNPO法人化しました。

と掲載しています。

クラウドファンディングを開始から3ヶ月後の2019年1月7日に無事NPO法人「bae」は設立されたようです。

設立後も講演会などを定期的に行なっており、積極的に活動していたように見えました。

しかし、設立から5ヶ月後の2019年6月21日の活動を境に公式サイトの活動報告が更新されなくなり、活動自体していないんじゃないかと疑惑が持たれています。

残りのお金は整形費用に私的流用か?

NPO法人自体は設立されているので、一応クラウドファンディングの公約は果たしているように思われます。

しかし、目標金額85万円に対し集まった金額が353万円と約4倍もの金額が集まっています。

NPOの設立にかかる費用は、単純に設立だけだったら「登記簿謄本」の代金や実印代などのみで設立できるので、353万円全てを使ったとは考えにくいです。

また、HPを作る際にかかる費用がかかったとしても全てを使い切るのは有りえないと思われます。

そうなってくると、残りのお金はどこにいったのでしょうか?

それが、戦慄かなのさんの”整形費用”に私的流用されたのでは?と物議を醸しています。

上記は戦慄かなのさんのビフォーアフター?の写真です。

女性は化粧である程度変わるとは思いますので、整形したのかはわかりませんが・・・。

NPO法人の活動が停止していることと、この変わりようを見たネット住人が戦慄かなのさんの整形疑惑と整形費用への私的流用を疑っています。

ネットの反応は?

クラファンの闇 設立自体はしても半年で動かなくなってんですね… ファンは良くてもNPOの活動に期待していた人はがっかりなのでは? 良い文化であってもこういう例が続いてしまい、法整備も進まない限り潰れていくんだろうな…

クラウドファンディングは詐欺っぽいの多過ぎよな もう少しダサい名前に変えて意識が低いからこんな資金調達しかできないと思わせないとダメだわ

本当にクラファンに使ってるなら帳簿に領収書をつけて公開できると思うんだよね。

半年しか活動報告がない! クラウドファンディングした人は怒っていい案件!

など詐欺を疑う声や、半年しか活動報告がないことに対しての怒りの声が挙がっています。

最後に

戦慄かなのさんのNPO法人関連についてまとめました。

クラウドファンディグ自体の法整備がまだ追いついていないようで、今回のように集めた資金を私的流用する件があとを立たないようです。

夢や目標を持って資金を集めてる人もいるなか、こういう人たちがいることでクラウドファンディング自体が潰れてまう可能性もあります。

戦慄かなのさんは、この件に関してはまだコメントを出していませんが、ちゃんとNPO法人の活動に使用しているならちゃんと説明して欲しいところです。