宮崎謙介に再び不倫報道!!4年ぶり2度目の不倫で政界復帰も断念か!?

2016年に育休取得宣言をしていた中で不倫が発覚し、衆議院議員を辞職した宮崎謙介氏に再び不倫が報じられました。

『文春オランライン』によると今年6月にSNSで出会った女性に、宮崎氏からコンタクトを取り不倫関係に至ったようです。

あれだけ世間を騒がせたのに、懲りないんでしょうか・・・この人は。

育休取得中に不倫が発覚

宮崎謙介氏は2015年に金子恵美衆議院議員と再婚を発表し、同年末には育児休暇を取得する意向を示し注目を集めました。

ところが2016年2月に、妻の出産入院中に不倫をしていたことが発覚し、世間から猛バッシングを受け、衆議院議員を辞職するまでに追いやられました。

その後、妻である金子さんは宮崎さんの不貞を許し2人揃ってテレビ番組に出演するなどし「不倫を乗り越えた夫婦」として注目されていました。

しかも金子さんは今年10月に著書『許すチカラ』を出版し、完全に夫婦関係は修復したように見えましたが・・・。

1,500回にわたるメッセージのやりとり

宮崎謙介氏は今年6月、SNSで出会ったファンの女性A子さんに「可愛いね」「会いましょう」などのメッセージを送っていたようで、その回数はなんと1,500回を超えていたようです。

2人が出会ったきっかけは、A子さんが宮崎氏のインスタグラムにコメントをしたら「ありがとうございます」と宮崎氏が返事をしたことがきっかけだといいます。

A子さんは一視聴者にも返信をしてくれたことを嬉しく思い、一気に宮崎氏のファンになったようです。

その後は宮崎さんがA子さんのインスタをフォローしちょくちょくメッセージのやりとりをしていたようです。

またA子さんは医療従事者で、ちょうどコロナ禍で大変だった時に、宮崎氏から労いの言葉が送られてきたようです。

徐々にA子さんを口説き始める宮崎謙介

最初は敬語だった宮崎氏ですが、6月ごろから徐々に砕けた口調に変わってきたようで

「地元の名産品が食べた」

やラジオ収録の写真を送ってくるようになったといいます。

またA子さんのプライベートのことを聞いてくるようになり

「顔写真を送って」

とのリクエストがきたりもしたようです。

A子さんが写真を送った頃から、宮崎氏から毎日連絡がくるようになったようで、メッセージを見る限り口説きに入っているようにも見えます。

A子さんが不倫経験を打ち明けると・・・

当初はあくまでファンとして接していただけで、深い関係になるとは想像もしていなかったA子さんですが、自身の不倫経験を打ち明けたところ宮崎氏からのアプローチが一気に進み始めたといいます。

宮崎氏からのメッセージが徐々に深い話になっていっているのがわかります。

これ以外にも

「いつか会えたらいいね!」

「今年、会いましょう」

などと直接な誘いも始まったようです。

A子さんを勘違いさせる宮崎謙介

A子さんはグラビアアイドルの篠崎愛さんに似ている、どちらかというとポッチャリ体型のようですが、宮崎氏はそんなA子さんに

「私はポッチャリが好きなんですよ」

とA子さんが勘違いしても仕方が内容な言葉を並べ始めます。

そして口説いていることを隠さなくなっていきました。

「人間としての欲」が勝ってしまった宮崎氏

2016年の不倫会見の時宮崎氏は

「人間としての欲が勝ってしまった」

と釈明しており、今回はメッセージのやりとりはしているものの「人間としての欲」は抑えているものだと思っていました。

実際、当初は毎日宮崎氏からメッセージが送られてきていましたが、徐々に減ってきたといいます。

しかしすでに宮崎氏のことを好きになってしまっていたA子さんは、必要以上に宮崎氏にメッセージを送ってしまったようです。

その結果、2人は会うことになります。

A子さんが東京に行くことに・・・

連絡が減ってきた頃にA子さんが宮崎氏にメッセージを送ったことにより、宮崎氏の不倫魂に火がついたようで

「俺も会いたいって思ってるさ それがすぐにじゃないだけだよ」

「東京にいてくれたらなー」

などとメッセージを送ってくるようになりました。

これらのメッセージを受けてA子さんは一度東京に遊びに行くことにしました。

東京行きを決めた理由は

連日の病院勤務でストレスが限界だったことに加え、宮崎氏の気持ちがどうなのか確認したい想いもあった

とのことです。

肉体関係を持った2人だが・・・

A子さんが東京に着きそれを宮崎氏に伝えると、誰かに尾行されていないか警戒した様子でホテルに向かっている様子だったようです。

宮崎氏がホテルに現れ、2人でじゃれ合っていたところ突然宮崎氏のスイッチが入り、行為に及んだようです。

宮崎氏はもともとそのつもりだったのか、コンドームを持参しており「家から探して持ってきた」といっていたようです。

 

行為が終わり宮崎氏が寝てしまったようですが、17時半ごろ目を覚ますと

「息子にご飯をつくらなきゃ」

といってそそくさと部屋を出ていきました。

その後も宮崎氏はホテルに戻ることなく、A子さんはずっと放置されていたようです。

会ってからの2人の間にはほとんど会話もなく、まるで行為をするためだけに宮崎氏がやってきただけのようでした。

その後冷たくあしらわれたA子さんは

宮崎氏は部屋を出る際「深夜には戻ってくる」と約束したようですが、結局戻ってくることはなかったようです。

その後も宮崎氏からの謝罪はなく、A子さんが待っていたことを伝えると

「ごめんね」

「寝落ち」

と軽い感じで返事がきたようです。

A子んもこの時に「何でこんな人に本気になったんだろう」と後悔し始めたそうです。

だんだん怒りが込み上げてきたA子さんは宮崎氏に

「扱いひどすぎやけん」

と送ったが今は忙しいとあしらわれ、採取的には

「もうやめてくれ」

と返事がきて関係は終了したようです。

文春の直撃に宮崎謙介氏は

『文春オンライン』がA子さんとのことを宮崎氏に直撃すると

——宮崎さん、すみません。文春オンラインです。

「はい。どうも。はい」

——A子さんをご存知ですか?

「A子さん……ちょっとすみません。わからないです……」

——その方と10月21日にコンラッド東京で肉体関係を持ったと聞いているが。

「え、そんな話になってるんですか? いや。えーと、そんなことはないと思うんですけど」

(中略)

——会ってはいない?

「一度お会いはしています。それこそホテルの近くで」

(中略)

——いわゆる不倫関係ということではない?

「では、まったく。なぜそういう話になっているのか私はわからないんですが。『次にまた会ってほしい』という話をされていたんですが、私もそんなに何度もお会いできるような状況じゃないのはよくわかっていますし、『話をしたい』というお話になったので、お時間を作らせてもらったというところですので、とてもなぜその……。次にお会いしたらまたちょっと状況が違うのかもわからないんですけど、それはちょっとやんわりというかお断りしつつ」

——男女の関係は絶対にないということですね。

「はい。そうですね。すみません。申し訳ありませんけど。そういうことではないです」

と会ったことはあるけどホテルの外で、男女関係は無いときっぱりと否定しました。

一転しホテルで会ったことを認める

ホテルで会ったことを否定した宮崎氏ですが、A子さんがホテルで撮った宮崎氏の写真をもっており、改めて宮崎氏に確認したところ代理の弁護士から

お問い合わせの女性とホテルでお会いしたことは事実です。悩み相談を長く受けており、少しでも元気づけてあげたいと思うようになりました。お会いすることで癒すことができるのであればとお会いしましたが、そのことがかえって傷つけることになってしまったことは申し訳なく思っております。

既にこのことは妻にも報告をしており、厳しく注意されました。

襟を正し、地に足をつけていくことを誓いました

との回答があり、ホテル内で会ったことは認めましたが、あくまでも男女関係は無かったとシラを切り通しているようです。

最後に

宮崎氏の不倫報道についてまとめました。

宮崎氏は再び政界に戻ることを希望しており、奥さんである金子恵美さんもそれを望んでいるようですが、今回の報道で希望も絶たれてしまいそうですね。

2016年のゲス不倫からようやく世間も奥様も許し始めていた頃にこの騒動。

不倫は病気なんですかね・・・。