ノブコブ徳井健太 離婚が成立していなかった?生活費のトラブル・クズ夫ぶりが判明

今年の春に離婚していたことを発表した、平成ノブシコブシ・徳井健太さんが実はまだ妻と離婚が成立していないことを、5日発売の週刊誌『週刊文春』が報じました。

相方の吉村崇さんからは「徳井の方がよっぽど破天荒」と言わしめるほどの徳井さんですが、今回の件も破天荒ぶりが発揮したのでしょうか?

調査してみようと思います。

ノブコブ・徳井健太の離婚発表

徳井さんは10月27日、吉本の先輩である東野幸治さんがYouTubeで行なった生配信『吉本芸人生存確認テレフォン』に電話出演し、サラッと

「今年の春ぐらいに離婚しました」

と電撃発表しました。

離婚の理由は語らずに「俺が(家を)出て行った」とだけ説明していました。

しかし、この離婚が実はまだ成立していなかったと妻の親族が語っています。

一方的に離婚届を送りつけてきた

週刊文春の取材に応じた妻・A子さんの親族は

「徳井は今年1月に突然家を飛び出し、署名入りの離婚届を一方的に送りつけてきた」

と語っています。

続けて

「A子は夫の変貌にショックを受けたのと、今後の生活を案じて離婚届を提出していません。A子は病気を抱えており、働ける状態じゃないんです。」

と離婚はまだ成立していないことを明かしています。

本当に破天荒な徳井健太

徳井さんは26歳の時に同郷で看護師をしていたA子さんと結婚し、長男と次男をもうけており、同棲時代を含めると20年にわたって生活を共にしています。

「徳井の方がよっぽど破天荒」と相方に言わせるほどの徳井さんの破天荒ぶりを親族が語ります。

「A子が寝ている間に財布から銀行のカードを抜いて、金を引き出すこともあった。コンビが売れてきた7年前んに個人事務所を作って以降、A子がお金を管理するようになり、サラ金からの借金も返済した。しかし、A子が帰省中にギャンブルのために吉本工業から100万円を借りるなど、金銭感覚がメチャクチャなんです。」

など、どうしようもない人物像が見えてきます。

それ以外にも

  • 自動車免許取得のために奥さまからもらった教習所資金をギャンブルにつぎ込んだ
  • 子どものための預金から100万円を引き出しそのまま競馬場へ向かい1レースに全額をつぎ込んでハズした
  • 使用済みのアダルトグッズを食卓のサラダの横に置いた

など破天荒を通り越して、クズなエピソードがたくさん出てきます。

また今年1月に家を出た時に生活費を入れることで合意したものの、初月から未払いで数ヶ月後にまとめて支払われたそうですが、9月は5万円で非常に不安定なようです。

ノブコブ・徳井健太が事実を語る

週間文集は徳井健太さんにも直撃取材を行い、離婚発表した理由などを聞いています。

「別居とかって面白くないし、イジリづらいじゃないですか。やり直すつもりもないし。」

と離婚を発表した独特の理由を語っています。

また支えてくれた妻との別れについても

「日本の人情的には、それはすごく分かるんですけど、かといって”一緒に入れない”という気持ちのまま、ずっと一緒にいることが正義なのかと考えた時に、日本の人ってそれでも良いって言うと思ううですが、僕はそれは失礼なのかな」

と語っています。

また、突然の家でということで不倫も疑われますが、不倫は否定しています。

生活にの話になると

「いやいや、入れてるんですよ。月収60万円だとするじゃないですか。そのうち家賃になんぼか乗せてまず30万円。それに月収から35%支払うと、残るのは10万円とかですよ。さすがに待ってくれとなりませんか?」

と苦しい状況を語っており、月5万円しか払わないはどうなのかと追求されると

「それが60万円の時ですよ。マネージャーにも借りてたし」

と生活費を支払うために借金をしていたことを告白しています。

ギャンブル癖については「言い訳できない」とし辞めるつもりはなさそうです。

最後に

平成ノブシコブシ・徳井健太さんの離婚騒動についてまとめました。

「面白くない、イジリづらい」といった理由で成立もしていない離婚を発表することにも驚きですが、簡単に家族をポイ捨てする神経は理解しがたいものがあります。

どんな理由で家を出たかはわかりませんが、これまで支えてくれた妻や血の繋がった子供たちに苦労させないよう、しっかりとして欲しいところです。