伊藤健太郎 違約金は5億円か?一生かけて支払っていかなければならないのか・・・!?

ひき逃げ事故を起こして逮捕された伊藤健太郎容疑者。

現在は処分保留中で保釈中ですが、今後刑事事件として判決が下るでしょう。

仮にこの処分が寛大なもので済んでも、待っているのは地獄だと芸能関係者は語っています。

一体どういうことなんでしょうか?

莫大な違約金に追われることになる伊藤健太郎

「若手俳優に支払われるドラマや映画のギャラは1本せいぜい数十万円から200万円程度。それなのに、どうして贅沢な暮らしが送れるのかというと、年間1本2000万円前後かそれ以上になるCMのギャラが入るから」

と芸能関係者は語っています。

いわばCM獲得は天国行きの切符ということになりますが、不祥事を起こしたら大変なことが待っています。

「不祥事でCM契約が打ち切りとなった場合、もらっていたギャラを返すだけでは済まない。スポンサー側に与えた損害の全てを支払わされる」

いわゆる”違約金”と言われるものです。

伊藤さんがCM契約していたが

  • 日本コカ・コーラ
  • ABCマート
  • レジーナクリニック
  • マルハニチロ
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン

の5社です。

CM契約が打ち切りになった場合

小売店などに貼ってある本人の顔写真入りポスターの撤去費用まで支払わなくてはならなくなる。テレビCMの差し替えが間に合わず、既に買ってあったCM枠が無駄になると、その料金も負担させられる。

などの費用がかかるため、違約金は莫大な金額になるようです。

しかも伊藤さんは5社との契約をしているため、推定の違約金は”5億円”に達すると言われています。

CMの契約金は確かに美味しいかもしれませんが、下手をすると自分が手にした金額の2倍以上を支払う羽目になるようです・・・。

違約金は自分で払えるのか?

不祥事を起こしてCM契約が打ち切りになった場合、違約金を所属先の芸能プロが建て替えることは珍しくないようです。

伊藤さんの場合もおそらく所属事務所が建て替えることになると思われます。

しかし、立て替えたものは必ず本人に請求し、返済させる。うやむやになることは決してない。と芸能関係者は語ります。

伊藤さんの場合、仮に復帰できたとしてもテレビやCMなどは厳しいと思われます。

そうなると舞台中心になると思いますが、舞台のギャラが1公演で数十万円程度とのことで、5億円を返そうとなると一生かかる可能性があります・・・。

伊藤健太郎に沢山のCMをやらせるべきではなかった?

伊藤健太郎さんのCM出演について関係者は次のように語っています。

「所属する芸能プロはCMをいくつもやらせるべきではなかった。伊藤は自惚れている一面があったと言われているが、収入を抑えていたら、少しは増長が防げたのではないか。また、ひき逃げが避けられなくても、莫大な借金は背負わずに済んだ」

どうやらマネージメント力に定評のある芸能プロの場合は、若手のCM起用は抑えるのが定石となっているようで、生活態度に問題ありと思われるものも抑えられるようです。

伊藤さんの場合、事故後から次々と悪い噂が流れてきますが、おそらく事務所はその実態を把握していたと思います。

それでも5社もの契約を受け入れたのは、目の前のお金に目が眩んだのか、伊藤さんを信じていたのか・・・。

最後に

ひき逃げの代償は大きいものだったようです。

関係者からの評判もあまり芳しくない伊藤さんですが、復帰できなかった場合違約金の返済はどうなるのでしょうか?

今後に注目です。