「なぜ自分だけが悪者に」木下優樹菜タピオカ店騒動で反省してない?自伝本で反撃か?

タピオカ店恫喝騒動で芸能界を引退することとなった、木下優樹菜さんがまた炎上しています。

一応一般人となった今でも、話題に事欠かない木下さんですが、何があったのでしょうか?

インフルエンサーとして活躍中の木下優樹菜

木下優樹菜さんといえば、タピオカ店恫喝騒動で芸能活動を自粛しており、2020年7月1日に芸能活動再開を発表したものの、わずか5日後に引退を発表して世間を騒がせました。

芸能界引退の理由は所属事務所との契約解除。

当時の所属事務所は

「信頼関係を維持することが著しく困難」であり、木下自らが申し出たと

と公表しました。

引退後の9月、木下さんは騒動後に削除していたインスタグラムを突如再開しました。

かつては500万人以上いたフォロワーも減ってしまいましたが、それでも50万人以上のフォロワーを有しています。

インフルエンサーとしては十分な数字です。

芸能関係者は木下さんのスンスタについて

木下のインスタは宣伝効果が高いと企業サイドから評価されている。実際に商品のPRっぽい投稿が見られる。

と語っており、ゆくゆくはユーチューブにも乗り出すだろうと語っています。

インフルエンサーとしての障壁

なんだかんだ言いつつも、インフルエンサーとして活躍し一般人生活を謳歌している木下優樹菜さん。

しかし、そんな木下さんの最大の障壁となるのがタピオカ店との裁判だと言います。

この裁判はまだまだ長引く見込みで、これが解決しない限り先には進めないとのこと。

木下優樹菜が反撃にでる?

木下さんといえば、自伝本の出版計画があると一時期話題となっていました。

関連記事

今年7月に芸能界を引退した、ユッキーナこと木下優樹菜さんが、”自伝本”出版計画を水面下で進めていることを『スポーツニッポン(スポニチ)』が報じ、ネットでは大炎上する事態となっています。 自分の人生のことをしっかりと残しておきたい 木下さ[…]

この自伝本の中で木下さんは、タピオカ店騒動について反撃に転じるのでは?と関係者は明かしています。

「木下は恫喝まがいのDMを送ったことは反省している。ただタピオカ店との問題に関して、全て自分が悪者になってしまっているが決してそういうわけではないと、何か言いたいこともあるようです。一部で『自伝本』出版計画という報道がありましたが、とにかく自分の主張を表明する場所を求めているのです」

一応木下さんは恫喝まがいのDMを送ったことに関しては反省しているようですが、全て自分が悪いと思っていないようで、出版予定の自伝本で自分の主張を表明する計画があるようです。

ネットの反応

この木下さんの反撃記事にネットでは批判の声が上がっています。

反撃ってどうしてあなたが被害者ぶるのか違和感しか覚えないですが?被害者なのは気の毒なタピオカ店主の方でしょ?今までいくらでも時間があったのにどうしてまだ謝罪していないんですか?やはりヤンキー気質だから内心は反省していないのだと感じる。もう好感度ママタレは通用しないから反撃をうかがうのはやめた方が良い。裁判で謝罪した後は一般人として引退生活を謳歌し続けて頂きたい。マスコミも取り上げない方が良い。

反撃するなら、このひとの場合は法廷がある。そこで自分の主張を全て述べたらよいと思うけど。自分ばかりが悪くないなら、できるよね。タピオカ店のほうも言いたいことはあるだろうし。どちらが悪いかと言う前に、事務所総出云々の発言は、論外なんだけど。

日頃の言動や言葉遣いなどが普段から視聴者に反感買っていたから、こういう騒動が起きたときに世間の反動が一気に来たんじゃないかな?
今はテレビやメディアなどでも良識を求められる時代なので、芸能界の浮き世離れした常識が世間には通用しないと思っておいた方が良いと思うし、芸能界・芸能人だからって何でもかんでも許されるワケではないしね

自分の知名度を武器に、本を使って事実かどうかも分からない自分の言い分を広めたい、と。
まずはしっかり相手方に謝罪が先では?

本当に自分が行った発言や行動に反省はなく私を芸能界から離され本当に腹が立つという感情でしょうか。
もう貴方のいう総動員もかけれない状況だと思いますし国民の皆様も貴方をテレビで見たいとはあまり思わないと思いますの。
貴方が言う大好きな彼と普通の生活をしたらどうでしょうか。

最後に

木下優樹菜さんがタピオカ店恫喝騒動で反撃に転じるようです。

反省をしているといいつつも、根っこの部分ではやはり「自分は悪くない」と思っていそうですね。

自分の意思を表明したいなら、自伝本ではなく裁判で表明すればいいと思うのですが・・・。

といっても、自伝本が発売されたら売れるんだろうなと思う次第です。