元ジャニーズJr.の前田航気がジャニー喜多川の性的虐待を暴露!?記事は消され闇に葬られた?インタビュー内容公開

元ジャニーズJr.・7 MEN 侍の前田航気さんが、日本のポップカルチャーを世界に向けて紹介するメディア『ARAMA! JAPAN』のインタビューに応じ、ジャニーズ事務所の裏側を暴露し話題となっています。

前田さんはいったいどんな暴露をしたのでしょうか?

前田航気がジャニー喜多川の”性的虐待”を暴露

元ジャニーズJr.の前田航気さんが、海外向けメディア『ARAMA! JAPAN』のインタビューで、ジャニー喜多川さんの性的虐待について暴露しています。

Q.嵐は最近、米国の複数のメディアからインタビューを受けており、多くの人がジャニー喜多川によるアイドルの性的虐待の申し立てについて言及しました。しかし、彼らは嵐にこのことについて尋ねたことはありません。ジャニーズのタレントや社内の他の誰かからアイドルの虐待について聞いたり、見たりしたことがありますか?

A.ジャニーさんのアイドルの虐待に関しては、私が言えることは、彼が同性愛者であり、ジャニーズJr.の何人かは、彼がデビューを決定する特権を持っていたので、彼と関係を持つことを望んでいたということです。これが虐待としてカウントされるかどうかは定かではありませんが、ジャニーズJr.とジャニーさんの間に関係があったことは確かです。

前田さんは、インタビューでジャニー喜多川さんは”同性愛者”であったとし、デビューするためにジャニーさんと関係を持つことを望むJr.のメンバーはいたと語っています。

ただ、これを性的虐待と呼ぶかは定かでは無いとしています。

闇に葬られた前田航気の記事

『ARAMA! JAPAN』に編集のリクエストが来たようで、ジャニー喜多川さんに関するインタビューの一部が削除されたようです。

これを受けてネットでは「闇に葬られた」との声が挙がっていますが、記事の信ぴょう性もあり削除を依頼したのでしょう。

過去には性的虐待の判決を受けたジャニー喜多川

すでにジャニーズ事務所を退所している前田航気さん。

たしかにインタビューの信ぴょう性には疑問も残りますが、ジャニー喜多川さんは過去に性的虐待を裁判所が認めています。

二審判決では、ジャニー側の所属タレントへの同性愛行為を認定した

同性愛行為の認定が確定した。

引用元:wikipedia

ジャニー喜多川さんは過去に『週刊文春』で同性愛者であり、所属タレントへの同性愛行為を報道されています。

その裁判で、裁判所はジャニー喜多川さんの同性愛行為を認め、同性愛行為が確定しました。

 

前田航気のインタビュー内容

前田航気さんはジャニー喜多川さんの性的虐待以外にもインタビューに答えています。

Q.ジャニーズ活動を初めて見たのはいつ?あなたは彼らについてどう思った?
A.最初がいつなのかは覚えていませんが、音楽番組で彼らが歌うのを見ていました。でも、正直に言うと、僕は誰がジャニーズなのか分からなかった(笑)

Q.オーディションを受けた理由は?あなたは何歳だった?オーディションのプロセスは?
A.12歳の頃、DVDで嵐のコンサートを見て、あこがれました。当時、ジャニーズのタレントは3/11の災害で落ち込んでいる人々を励ましていた。それを見て、私もジャニーズのように人々を楽しませる人になりたいと思いました。私はジャニーズ事務所に履歴書を送ることにしました。1年後、返事が来て、私はオーディションに行きました。スタジオには約200人の候補者がいました。まずダンスオーディションでした。次に、歌やアクロバットなどの才能を見せる時間がありました。私は6歳の時に学び始めた武道「少林寺拳法」を見せました。最後、マネージャーに呼び出され、こういわれました。「Hey!Say!JUMPのコンサートは来月行われる予定です。スケジュールを確認してリハーサルに来て下さい」

Q.7MEN侍が結成されるまでのトレーニング期間は?メンバーはどのように選ばれましたか?
A.6年間。どうやって選ばれたのかは分かりませんが、ジャニーさんとメインの振付師がメンバーを決めたのかな?

Q.ジャニーズにいた頃の典型的な一日のスケジュールは?
A.リハーサルの開始期間によって異なりますが、典型的な一日はこんな感じです。
午前7時:起床
午前7時30分~午前8時30分:電車で高校に行く
午前9時~午後4時:学校(リハーサルに行くために早く学校を出なければならなかったこともある)
午後4時~午後5時:電車でリハーサルへ
午後5時~午後9時:リハーサル
午後9時~午後11時:帰宅
午後零時:就寝
東京に住んでいなかったので、リハーサルに行って家に帰るのはストレスでした。私は電車の中で多くの時間を過ごした。

Q.ジャニー喜多川氏に会いましたか?彼はどんな人?
A.オーディションの時、初めてジャニーさんに会いました。彼は普通のおじいさんのようでした(笑)

Q.事務所に所属していた時に、あなたが影響を受けたものは?その理由は?
A.滝沢秀明くんから、大きな影響を受けました。彼は、私たちや自分自身にも厳しい。だから、ジャニーさんの代わりにジャニーズJr.を監督しているのでしょう。

Q.一番嫌いなジャニーズは誰だった?
A.いません。

Q.事務所に所属している間、デートは許されていた?
A.はい。でも、カメラやファンには注意するよう言われていました。悪い影響を及ぼしてしまうこともあるので。

Q.ジャニーズとして何か制限を受けていた?
A.特別な制限はありませんでしたが、私は髪を鮮やかな色に染めることができませんでした。そして、TwitterやInstagramのようなソーシャルメディアアカウントを持つことは許されませんでした。

Q.ジャニーズのタレントは仕事中とプライベートで同じ個性を持っていますか?
A.最前線で活躍できるジャニーズは、画面上とオフスクリーンの両方で、野心的であり社交的であり親切な性格。同じ性格を持っていると思います。

Q.TOKIOの山口達也、NEWSの手越祐也や山下智久など、最近の不祥事について思うことは?
A.もしスキャンダルが本当なら、彼らがファンを裏切ったので、私は彼らがやったことに同意できません。でも、日本のメディアは時々嘘をついてしまうと思うので、不祥事に反応する前に情報を確認する必要があります。

Q.関ジャニ∞の錦戸亮、渋谷すばる、TOKIOの長瀬智也など、今なぜ人が会社を辞めていくのだと思う?
A.私は次のキャリアに進むためにジャニーズ事務所を去りました。皆さん、同じことをしたかったんだと思います。

Q.事務所を辞めるプロセスはどのようなものだった?
A.マネージャーに電話をしました。「ジャニーズ事務所を辞めます。」当時は正式な契約関係がなかったので、こんなに簡単に辞めることができたのかもしれません。

Q.ジャニーズにいた頃の楽しかった事と、嫌だった事は?
A.自分のパフォーマンスで、ファンをhappyにするのが好きでした。それが楽しかった事。嫌だったのは、家族や友達との時間がまったくなかった事。でも、ジャニーズの一員として、楽しいショーを提供するためには多くの時間が必要だったことは理解しています。

Q.あなたはまだ会社の誰かと連絡を取り合っていますか?
A.いいえ、誰とも。昔の仲間は恋しいですが、みんなとても忙しいと思うので、連絡することを躊躇してしまいます。

最後に

海外向けメディアのインタビューに答える前田航気さん。

記事の信ぴょう性はわかりませんが、事実だとすれば大スキャンダルに発展しそうな内容です。

今後どのような展開を迎えるのかが気になるところです。