ロックバンド「赤い公園」の津野米咲さんが死去、自殺の原因は?

女性ロックバンド「赤い公園」の津野米咲さんがお亡くなりになったことが分かりました。

現場の状況から見て自殺と見られているようです。

いったい彼女に何があったのでしょうか?詳しく調べていこうと思います。

津野米咲のプロフィール

  • 名前:津野米咲(つの まいさ)
  • 生年月日:1991年10月2日

津野米咲さんはロックバンド「赤い公園」のメンバーでリーダを務めていました。

「赤い公園」は2010年1月にバンド結成、2012年2月にメジャーデビュー。津野さんはギターを担当しており、バンドの作詞作曲全てを手がけるバンドの中心的存在でした。

SMAPやYUKI、ハロプロなどにも楽曲提供しており、その音楽センスには定評がありました。

また、ミュージシャン同士の親交深く、OKMOTO’Sのベーシスト「ハマ・オカモト」が別のアーティストの楽曲をプロデュースした際に、津野さんに確認してもらい、太鼓判をもらったことを「津野にOKもらえたら安心する」と述べていました。

津野米咲さんが死去、自殺か?

女性ロックバンド「赤い公園」のメンバー津野米咲さん(29)が東京都内で死亡していたことが19日、関係者への取材で分かった。現場の状況から自殺とみられ、警視庁が詳しく調べている。

18日午前9時ごろ、東京都杉並区の住宅で、津野さんがぐったりしているのを関係者が見つけ、119番通報。搬送先の病院で死亡が確認されたという。

津野米咲さんは10月2日に誕生日を迎えたばかり。ツイッターでの報告にも多くの祝福のメッセージが寄せられた矢先の自殺でした・・・。

自殺の原因や遺書は?

現場の状況から自殺した可能性が高いと、各報道機関は報じています。

しかし、遺書などは今の所確認されておらず、自殺の原因もはっきりしていません。

ネットでは自殺念慮の傾向があったのでは?と言う声もあり、津野さんが作詞作曲した『きっかけ』が、そのように感じ取れます。

津野米咲さんは精神的な病気だった?

『赤い公園』はメジャーデビューしてからすぐに、津野さんの体調不良によりバンド活動を休止しています。

津野は先月から体調を崩しており、医師の診断を受けた結果、「過度の疲労の蓄積により、暫くの間安静が必要」との結論に至ったとのこと。これを受けてメンバーやスタッフで協議を重ねてきたが、現状ではバンド活動を続けていくのは困難だと判断し、赤い公園としての活動を休止することに決めたという。

今から8年も前の話なので、この時のことが自殺の原因になっているとは考えづらいですが、もし精神的に不安定なのを押してバンド活動を続けていたとしたら、突然心が決壊してしまったのかもしれません・・・。

また、津野さんの死を受け所属事務所である「ソニー・ミュージックレーベル」はコメントを発表しています。

赤い公園に関するお知らせ

赤い公園、津野米咲を応援してくださっているファンの皆様、関係者の皆様にこのようなご報告を差し上げることは残念でなりません。

赤い公園メンバーの津野米咲が、10月18日に永眠致しました。

享年29歳でした。

謹んで皆様にお知らせ致します。

突然の悲報に接し、メンバー・スタッフ共に、現実を受け止めきれない状況です。

なお、葬儀につきましては、ご遺族の意向により近親者のみで執り行う予定です。

津野米咲に対する生前のご厚情に心より感謝申し上げますとともに、皆様と心からご冥福をお祈りしたいと思います。

2020年10月19日

株式会社ソニー・ミュージックレーベルズ
赤い公園 スタッフ一同

ネットの声は?

最後に

「赤い公園」の津野米咲さんの自殺についてまとめました。

つい最近までラジオやテレビ番組に出演したり、SNSも更新したばかりなのに突然の死亡報告。

最近では芸能人の自殺が相次いでいますが、なんらかしらの関連性があるのでしょうか?

まだはっきりとしたことは分かっていませんが、わかり次第記事にして行きたいと思います。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。