勝村政信の故・三浦春馬さんへあてたメッセージに避難殺到

俳優の勝村政信が、7月18日に亡くなった三浦春馬さんへのメッセージに避難が集まっている。

「でかちんくんへ」と綴られた寄せ書きにネットからは避難轟々

問題のメッセージは「でかちんくんへ」と綴られた俳優仲間からの寄せ書きだと思われる。

ネットでは「どんな気持ちでそれを書いたんだ?」「ドン引きしすぎて鳥肌たった」といった非難の声が相次いでいる。

問題の寄せ書きはコチラ

しかも、楽しそうな飲み会の写真と共にSNSにアップされたようだ。

舞台『罪と罰』で三浦春馬さんと共演したメンバーが集まり、三浦春馬さんの追悼会を開催したようで、会場となったレストランがその様子をSNSにアップした。

これを見たネットの住人たちは

「絶句。本当に気分が悪い。春馬くんを口実にした、ただの飲み会では?」といった声をはじめ

「こりゃ酷すぎるわ。だって自殺したんだよ…まだ喪に服す時期だよ…」

「あの寄せ書きはないだろ…。冗談だったにせよ亡くなった人に対して失礼だよ。一緒に寄せ書き書いた他の俳優もだけど頭おかしいわ。ドン引きしすぎて鳥肌たった」

「写真撮るのはまだ良いとして、あれをTwitterに晒す事を誰も止めなかったのか? あと、春馬君の首にハートマーク(?)書いたの誰だ? こいつはどんな気持ちでそれを書いたんだ? 正気の沙汰ではない」

「勝村政信さんに聞きたい、お葬式でピースをして写真撮りますか? 故人へのメッセージにでかちんくんへと書きますか? 遺族に見せることが出来ますか?」

といった声が見受けられました。

寄せ書きの内容から、生前に書かれたものとする声もあるが詳細は不明。

仮に生前に書かれたものだとしても、この時期に後悔するのはさすがに不適切ではないだろうか?

集まったメンバーは笑顔で三浦さんを送りたかったのかもしれないが、このやり方では無神経と受け取られても仕方がないことだと思う。

今回は以上です。