夢の国没落の危機!?ディズニーランド ダンサーらをリストラ?元ダンサーの失望の声

東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランドは10月29日、21年3月期の連結純利益が511億円の赤字になる見込みと発表しまし。

通期の赤字転落は96年の上場以来初めてのことです。

新型コロナの影響で大きく売り上げが落ち込んだディズニーランド。

それに伴い、大幅な賞与カットや人員整理が行われているようです。

いったいどういうことなのか、調査してみようと思います。

ディズニーランドの経済状況はそんなに悪いの?

赤字に転落したとはいえ、熱狂的ファンの多いディズニーランド、人員整理が必要なほど経済状況が悪いのでしょうか?

メガバンクの幹部はディズニーランドの懐状況について次のように語ります。

「9月末時点で約2530億円の現預金を保有しており、当面の資金繰りには問題はありません。ただ、東京ディズニーシーの大規模拡張プロジェクト(約2500億円)などを継続するほか、社債償還への備えも必要になる。手元資金を厚くしておく必要はあるでしょう」

引用元-文春オンライン

どうやら自己資金は2,500円ほど保有しているようですが、今後のことを考えると現金を持っておく必要があるということでしょうか?

ダンサーら出演者をリストラ?

確かに現金は保有しているが、一方で振り上げの回復が見込めないことから、オリエンタルランドは抜本的なリストラに踏み切ったようです。

その内容は・・・

  • 約4,000人いる正社員・嘱託社員のボーナス7割カット
  • 時給で働くダンサーら1,000人には窓口業務への異動もしくは退職を勧める

とのことです。

横田常務も決算会見

「基本的には雇用を維持したいが、ショーなどがしばらく実施できないため、ダンサーの方などには辞める選択をした方もいる」

引用元-文春オンライン

と述べており、あくまで雇用を維持する考えはあるが自主的に退職を選択した方もいるということです。

「辞める選択」ではなく「辞めるしかなかった」

しかし、実態はそうではなかったようです。

ディズニーランドの元ダンサーが次のように証言しています。

「『辞める選択をした』ではなく、『辞める選択肢しかなかった』です。会社側から突き付けられた条件は、出演の継続を希望する場合の手当は『半年で約22万円』。月3万~4万円の収入でどうやって生活していけと言うのでしょうか」

引用元-文春オンライン

そして、オリエンタルランドの冷淡さはそれだけではなかったようです。

オリエンタルランドの冷淡な最後通告

退職にあたって、ダンサーやキャラクターに会社が求めたのは「自己都合退職」であることを示す「出演者退職承認書」への署名でした。

自己都合退職だと失業保険の給付期間も短くなってしまうため、ダンサーたちは「会社都合退職」を求めました。

しかし、返ってきたのは冷たい返事だったようで

「9月末に行われた退職面談で『会社都合退職にはできないのですか?』と尋ねましたが、『あくまでも選択肢がある中からご自身でお選び頂きました』とにべもなかった。その一方で、会社側が強調するのは『退職の経緯など機密情報については、許可なく漏洩するな』ということばかり。その冷淡な“最後通告”には心底失望しました」

引用元-文春オンライン

会社側としては「自分で退職を選んだんでしょ?」というスタンスのようです。

この件に関しオリエンタルランドは

「当社から出演者に対し退職のお願いをしたという事実はなく、事実上の退職勧奨には該当しないと認識しております」

引用元-文春オンライン

と回答していますが、月3〜4万円の手当では、退職勧奨と受け取られても仕方が無いと思いますが・・・。

最後に

ディズニーの最大の売りは、ダンサーのパフォーマンスやキャラクターとの触れ合いだと思いますが、彼らが相次いで退職してしまってはショーが再開できたとしても以前の質は保てないのでは無いのでしょうか?

せめてショーを休止している間は休職扱いにして、再開したらすぐに呼び戻せるようにするとか何か方法はなかったものでしょうか・・・。

夢の国に突きつけられた現実は厳しいもののようです。