強制わいせつでラブリを刑事告訴!?被害女性が当時の状況を赤裸々に告発でラブリ炎上

1月20日の『文春オンライン』にタレントのラブリさんを刑事告訴している女性がインタビューに応じ話題となっています。

今回インタビューに応じた女性A子さんは、2019年8月に強制わいせつでラブリさんを告訴しました。

いったいどんなことを語ったのでしょうか?

A子さんがラブリを訴えた経緯は?

A子さんとラブリさんが知り合った経緯は、ラブリさんが関わるプロジェクトの責任者に就任したことがきっかけのようです。

親睦を深めるため、2019年5月、和歌山県白浜町に5人で旅行することとなったといいます。

事件はその宿泊先で起こりました。

宿泊先のホテルで飲み会をした後の午前4時半頃、先に部屋に戻って寝ていたA子さんをラブリさんが襲ったといいます。

A子さんはラブリさんとの間に起こった出来事を赤裸々に語ります。

「ラブリさんは『すごく舐めたいの』と言って私のジャンパースカートをめくり、パンツを脱がせました。反応する間もなく私の股間に顔をうずめ、陰部を舐め始めたのです」

A子さんは「男の子が好きなので、女の子は無理なんです」と抵抗したようですが

「抵抗し続けていると、ラブリさんは『うるさい』ときつい口調で言い放ちました。驚いて動けなくなると、指を陰部に挿入し、がしゃがしゃと動かし始めたのです。午前6時40分頃、ようやく解放されました」

と語りました。

PTSDになったA子さん

その後もショックを受けながらも、抑えて仕事をしていたA子さんですが、次第に「死にたい」と思うようになり、病院で診察を受けたところ「重度のPTSD(心的外傷後ストレス障害)」と診断されました。

その後、A子さんは和歌山県白浜警察署に被害届と告訴状を提出し、ラブリさんは昨年3月に制わいせつ被疑事件で書類送検されました。

現在も捜査中とのことです。

A子さんが今回の告発に至った理由を

女性同士でも性被害は起こり得るのだということを世の中に知ってもらいたかった。私以外にも同性から性被害を受けた人がいるなら、ひとりで悩まずに、勇気を出して声を上げて欲しいです

と述べています。

A子さんが関わっていたプロジェクトは?名前や顔画像は?

ラブリさんを刑事告訴したA子さんとは一体誰なんでしょう?

『文春オンライン』によるとA子さんの特徴は

  • 大手IT企業に務める
  • 20代後半
  • ラブリさんの関わっていたプロジェクトの責任者

だけの情報しかありません。

そこでラブリさんが関わっていたプロジェクトを調べたところ

(1)道後アートショーケース

(2)セーブ・ネイチャー&アニマル・プロジェクト

がヒットしました。

A子さんがどちらかのプロジェクトに関わっている可能性は否定できませんが、どちらのプロジェクトも責任者の名前は公表されていませんでした。

また、ラブリさんは社会はインフルエンサーとして様々な活動を展開しているため、上記以外のプロジェクトに参加していることが予想されます。

ネットの反応

このインタビューを受けネットでは様々な声が上がっています。

いやこれはビックリ…
同性で仕事絡みで宿泊なら普通はそんな警戒はしないですもんね。
訴えるにも勇気が要ったと思いますが、こういう犯罪は泣き寝入りで済まされてはいけない。

これが事実ならば、正直かなり引くわ…。朝までハシゴ酒でこの方を見てファンになりましたが、これが事実ならばドン引きです。

これが本当ならしっかりと調査して罰を受けるべきだな。
A子さん側からしてみれば、相手は事務所の弁護士だの立場的には負ける要素が強い中、勝ってもそこまでの慰謝料は取れんし、今回の案件は真実の可能性が高いね。

最後に

当初この事件は、ラブリさんが知人女性にキスしたと報道されていましたが、実際はもっとエグいものでした。

「女性同士だから大丈夫」とたかをくくって犯行に及んだのでしょうか?

今後どういった進展を見せるか気になるところです。