米倉涼子、新CMのギャラは8千万円!?独立した本当の理由も。

27年間在籍したオスカープロモーションを退所した米倉涼子は、今年4月個人事務所「デサフィオ」を立ち上げた。

スペイン語で”挑戦”を意味する言葉だ。

社名の通り、新天地でのチャレンジがはじまったわけだが、滑り出しは上々のようである。

『楽天モバイル』のCMギャラは8千万円!?

「7月17日、『楽天モバイル』が米倉さんのCM起用を発表しました。彼女にとっては、独立後初めてとなる大きな仕事です」

と、スポーツ紙の芸能担当デスクが言う。

「コロナ禍で華々しい発表会はありませんでしたが、彼女はやはり別格。CMはテレビ用2種類とデジタル動画用が7種類も用意されました。テレビは全国で放映され、東京メトロ全線では8月いっぱい、車内ビジョン広告が流されます。独立したら、1、2年は大きな仕事は取れないのが業界の通例なんですけどね」

6500名が所属するオスカープロモーション。かつて、その頂点に君臨した女優ならではのデビューとも言える。

米倉を手塩にかけて育て、そして失ったオスカーの創業者である古賀会長はこうぼやく。

「古賀会長は芸能関係よりも政財界に人脈があり、楽天の三木谷浩史会長兼社長とも親しいんです。なので、楽天関連のCMを取ったのが、よりによって退所したばかりの米倉だったことが口惜しかった。そのため、びっくりするような話を洩らしたんですよ」

どんな話かといえば、

「“あのCM、1本8千万なんだよ。米倉のギャラ、上がったな。うまいことやってるよなあ”と溜め息まじりに話していました。オスカー時代の彼女は、大きな企業のCMだと1本6千万円ほどでした。今回獲得できた経緯は分かりませんけれど、強気の交渉が成功したんでしょう」

しかし、米倉の個人事務所である「ディサフィオ」に聞くと、CM1本のギャラが8千万円というはデタラメだと強く否定している。

そのうえで

「退所前も退所後も同じように、支えてくださる皆様に感謝しながらお仕事をさせていただいております」

と答える。

しかし、古賀会長が8千万円と嘆いてたのは事実なようで、あながち嘘とは言えない金額だろう。

米倉が退所した理由は事務所への不満があったから?

米倉が退所した理由として本人は

「大きな河を渡って、自分で次のフィールドを切り拓くならば、年齢的にも今のタイミングかな、と」

と語っている。

もちろんそれが独立の大義だろうが、実際のところは事務所への不満が溜まっていたようだ。

米倉は常々「古賀さんが社長でなくなるなら、オスカーを辞める」と言っていたらしい。

そして今年の4月古賀会長が社長をやめ、会長に就任。古賀会長への恩義は果たしたとばかりに独立を実行した。

このことから、古賀会長への恩義は感じていたが、会社への不満が溜まっていたことが見て取れる。

そしてその不満の原因となるのが古賀会長の娘婿である堀和顯(かずあき)専務。

堀専務が、古賀父娘の威光を笠に、パワハラなど好き放題やる状態に愛想を尽かし独立を実行したようだ。

まとめ

女優米倉涼子の再始動。

表向きは新天地の挑戦が独立の理由となっているが、どうやら本当のところは事務所への不満が相当溜まっていたようだ。

ドクターXの新シリーズはしばらくの間期待できなさそうだが、それ以外は順調な滑り出しのようで何よりです。

今回は以上です。