手越祐也、ついに政治家デビューか!?N国から出馬のオファーが

6月にジャニーズ事務所を退所した、元NEWSの手越祐也にNHKから国民を守る党の出馬オファーがあったことに対し、22日ツイッターで回答した。

選挙に出馬する気はない?

手越は自身のツイッターで、N国からの出馬に関してこう述べている。

「なんかN国の人に政治家にならないか?みたいな事を聞かれて、検討してます! みたいな話が出回っているけどよくわからないし、N国が何かもわからないし、オレはアーティストとしてまだまだ頑張りたいと思ってるからー! なのでこれは誤解です!」

N国が出馬要請していたのは手越だけではなかった

N国の党首立花孝志氏はインタビューで、山下智久と亀梨和也にも出馬のオファーを出していたと語った。

しかしこの2名からは「お断りしますと。今のところ政治に関心がないということでした」と明確に断りの返事がきたようですが、手越に関しては「まだ検討したいとの返事でした」と出馬に前向きとも取れる返事がきたと明かしている。

そもそもなぜ手越祐也に出馬オファーをしたのだろう?

立花氏は退所直後の手越に「破天荒なヤツで、日本の政治の改革には必要な存在」と、衆院選や参院選での擁立にラブコールを送っていた。手越と親交が深い実業家のホリエモンこと堀江貴文氏を通じ、オファーする考えも明かしていた。

結局のところ手越は政治家としてデビューするのだろうか?

今回の手越のツイッターでの回答をみる限り、オファーすらなかったように読み取れる。

しかし立花氏の発言では「検討する」という返事がきてるという、2人とも全く逆の意見を述べている。これはどちらかが嘘をついていることになるのだが、政治家がそんな嘘をつくのだろうか?

過去にも芸能人が出馬する前のインタビューでは「そんなことありません!」と明確に否定をしていたが、蓋を開けてみると出馬していたという事例もある。

仮に手越が嘘をついていたとすると、「興味はあるがまだ発表するなよ!」といったところか。

本当に手越に出馬オファーをしていたのなら、この立花氏のおもらし発言が悪い方向に向かわなければいいのだが・・・。

まとめ

突然湧いて出た、手越の政界進出話。

退所会見では「芸能界だけではなくて、事業にも興味がある」と語っていた手越、政界進出もあり得るのではないだろうか。

ただ、手越の性格上、政治もやりたいし芸能活動もやりたいと2足3足のワラジを履こうとする可能性もある。そうなった時に国民がどう判断するのかが楽しみだ。

しかし立花氏は、ジャニーズのスキャンダルタレントに次々とオファーしているようだが、いったい何が目的なのだろうか?

今回は以上です。