綾瀬はるかがドラマ『天国と地獄』での主演が決定!共演に高橋一生!あらすじは?

女優・綾瀬はるかさんが、来年1月期放送の冬ドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』(TBS系 日曜21時)で主演することが正式発表されました。

綾瀬さんがTBSの日曜劇場枠で主演を務めるのは初となり、初めての刑事役に挑戦します。

脚本は森下佳子さん

『天国と地獄』の脚本は、森下佳子さんです。

森下さんが手がけた綾瀬さん出演のドラマ

  • 世界の中心で、愛を叫ぶ
  • 白夜行
  • JINー仁ー
  • 私を離さないで
  • 義母と娘のブルース

など数多く手がけており、今作は森下さんのオリジナルストーリーとなります。

視聴率の高い人気作品ばかりなので、いやが応にも期待が高まります。

『天国と地獄』のストーリ

綾瀬はるかさん演じるのは望月彩子は努力家で正義感が強く、慌てん坊な警視庁捜査一課の刑事です。

彩子は上昇志向が強く、融通が利かずに一直線、頑張りすぎて失敗も多いことから、自分を馬鹿にしていた周囲を見返すため「必ず、絶対100%、手柄を立ててやる」と意気込んでいました。

そんな中、独自の捜査で集めた証拠によって殺人鬼を逮捕するチャンスが到来します。

しかし、その矢先にサイコパスな殺人鬼と彩子は心が入れ替わってしまい、外見は刑事となった殺人鬼は警察の捜査内容を知り、どうすれば逮捕されないかを考えて行動。

一方で外見は殺人鬼の容疑者となった彩子は、犯人がどのような行動を取っていたのかをつかみ始め・・・というストーリー展開になっています。

共演者には高橋一生や北村一輝

彩子と心が入れ替わる、サイコパスな殺人鬼・日高陽斗役を演じるのは高橋一生さん。

日高は表向きは化学畑の研究者でやり手の会社経営者ながら、本性は類まれな頭脳や知識を駆使して事件を起こす殺人鬼です。

北村一輝さんは彩子の先輩役で天敵とも言える刑事・河原三雄を演じます。

河原はなんでもありな捜査手法によって危険な匂いを漂わせる人物で、裏では相手の弱みを握って便宜を図っているとも囁かれ、正義感の強い彩子とは相性が最悪です。

彩子の家に居候しているヒモ男フリーター・渡辺陸を演じるのは柄本佑さん。

渡辺は家賃や光熱費などは一切払わずに家事だけを担当する、彩子の唯一の心の拠り所ですが、のんびり屋で全く頼りにならないという役柄です。

ネットの反応は?

綾瀬さん主演の新ドラマ発表を受けネット上では

  • ドラマで綾瀬はるかをみたかった、とても楽しみ。綾瀬はるかを見るとなぜか心が和む。
  • これは期待できそう。サイコな相手役が高橋一生というのもエグそう。
  • 面白そう。きたいします。ヤヌスの鏡と民王を足して2で割ったストーリーっぽい気がする。綾瀬さんはアクションも精霊の守り人で実証済みなので悪役も難なくこなすと思う。楽しみ。
  • セカチューからギボムスまで数々のヒット作を生んできた綾瀬はるか・森下脚本・平川演出なので期待しかありません。早くみたい。

など期待の声が上がっています。

最後に

今作で初めて刑事役に挑戦する綾瀬さんはドラマについて

「スリリングでコミカルなところもあるエンターテインメント作品です。視聴者のみなさまに毎週放送が待ち遠しくなるような面白いテレビドラマをお届けできるように頑張ります。」

とコメントしています。

高橋一生さんは

「喜劇としての側面も多分にありますが、タイトルにある堆肥のように、その真逆の悲劇性も内包する作品だと思っています。サイコーの入れ替わりにするべく、まずはお肌から気をつけていきたいと思います。」

としています。

2018年7月放送の『義母と娘のブルース』では平均視聴率が14.2%と高い数字を叩き出しており、今作の脚本・演出はギボムスタッグなので期待が高まる一方です。

『天国と地獄 〜サイコな2人〜』は来年1月、TBS系で日曜日21時から放送予定です。