華原朋美が緊急入院!?精神状態不安定で家族が保護?

9月下旬からSNSやYouTubeの更新をストップしている歌手の華原朋美さんが、病気治療のため緊急入院していることを『女性セブン』が報じました。

華原さんは8月末をもって、長年所属していた芸能事務所「プロダクション尾木」を退所しており、その後9月には高嶋ちさ子さんから紹介されたベビーシッターから、虐待を受けているなど訴え話題となりました。

所属事務所退所は円満ではなく”クビ”だった

華原さんは8月末に所属していた「プロダクション尾木」を退所しています。

表向きの退所理由は華原さん側からの申し入れにより契約終了としていますが実際のところは”クビ”だったようです。

華原さんが事務所を”クビ”になった理由が、若い頃から乱用していた精神安定剤や睡眠導入剤をやめられないからということです。

テレビの現場でも目が虚ろで、ここ2年くらいは仕事もほとんどできない状態で、3月には那須でフェラーリを大破させる事故を起こしており、この時も薬で酩酊状態だったと言います。

本人は、”クビ”疑惑を否定していますが、華原さんの様子を見る限り”クビ”になってもおかしくないように思われます。

ベビーシッターからの虐待?

その後、友人でバイオリニストの高嶋ちさ子さんから紹介されたベビーシッターから、虐待を受けていると訴え話題となりました。

事の発端は、監視カメラにベビーシッターが子供を逆さ吊りにする姿が映っていたとの事ですが、逆さにしていたのは数秒のことであやすために一瞬した行為なのではと言われていました。

警察からも「事件性になるのは低いよ」と言われていたようですが、華原さんはベビーシッターから虐待を受けていたことを訴え続けていました。

号泣しながらの謝罪動画

しかし、時点は一転します。

9月23日未明に「謝罪をもうしあげます」と題した短い動画をアップし、その中で

「今回の高嶋ちさ子さんへの謝罪と、尾木社長への謝罪をしたいと思います。ご迷惑をおかけしました。申し訳ございませんでした」

「私の勘違いであり、そして、虐待ではありませんでした。そのことについて、ものすごく反省しております。大変申し訳ございませんでした」

と涙ながらに謝罪しました。

謝罪動画を見た家族が、華原朋美を強制入院?

そんな中、『女性セブン』が華原さんが緊急入院したと伝えており、華原さんの謝罪動画を見た家族が「これはマズイ」と危機感を覚え、強制的に保護して病院に緊急入院させたとしています。

『週刊文春』も、精神状態が不安定だった華原朋美さん6月に、高嶋ちさ子さんに付き添われてメンタル系のクリニックを受診していたことを伝えており、周囲も今回の騒動が起こる前から華原さんの精神状態を心配していた中、ベビーシッターの虐待騒動が起きてしまったのかもしれません。

過去にも、精神安定剤を大量摂取し緊急搬送をされるトラブルを起こしたりと、精神が不安定な状態が続いていたのだと思われます。

今回の入院で精神状態を安定させて、親身になってくれた高嶋ちさ子さんとの関係も徐々に修復していってもらいたいものです。

最後に

華原朋美さんの緊急入院についてまとめました。

色々とトラブルを起こすトラブルメーカーだった華原さん、全ては精神状態の不安定さから来るものだとすれば納得がいきます。

ゆっくり静養して元気になってもらいたいものです。

今回は以上です。