トランプ支持者が米国議会議事堂を襲撃!トランプのツイッターがロックされたりPogChampが削除

米国時間の1月6日、ドナルド・トランプの支持者が米国議会議事堂を襲撃する事件が起きました。

米国議会議事堂があるワシントンD. C.は混沌とした光景が展開されました。

トランプ支持者が米国議会議事堂を襲撃

トランプ支持者たちは、ホワイトハウスの外でトランプ大統領が開催した集会に出席するため、首都であるワシントンD.C.に集まりました。

この集会は、次期大統領選挙における勝利を認定する審議に抗議をするために開かれました。

トランプは議会に対するデモをするよう促し、支持者が米国議会議事堂に押し寄せる自体に発展します。

そしてデモ隊が議会議事堂の建物に侵入する事件が発生しました。

銃撃により1人死亡

デモ隊が米国議会議事堂に侵入した際に、銃撃で女性1人が死亡し、そのた負傷者が複数名確認されました。

そして、このデモが様々な出来事に波及しています。

トランプ氏のツイッターがロックされる

トランプ氏はこの騒動に対し

この選挙は盗まれたものであることは誰もが知っていることだが、だれも傷つけたくはない。平和に行こう。あなた達は家に帰る必要がある

とツイートしました。

しかし米Twitterは、この投稿をTwitterのルールに違反しているとし、非表示にし該当のツイートが削除されるまでトランプ氏のアカウントをロックすることを発表しました。

ルール違反の理由として米Twitterは

同氏が暴動自体を否定せず、選挙が盗まれたものであり、「彼らがいかに悪質に、邪悪に事を行ったかを皆さんは知っている」などと語っていること

としています。

Twitchのエモート「PogChamp」が削除

また、Twitchのエモートである「PogChamp」が削除される自体にも陥っています。

「PogChamp」とはゲーム配信プラットフォームTwitchで使用されるエモートで主に驚いた時に使用されます。

このエモートが削除された理由も、米国議会議事堂襲撃事件が関係しています。

このエモートの期限となったGootecks氏が、死亡したデモ隊の動画をツイッターに投稿し「彼女の死を無駄にするな」とツイートしました。

これを見たTewitch側が「デモを扇動した」として、PogCampを削除する自体に発展しました。

これ以外にも、トランプ氏のインスタやFacebookの投稿が削除されたりしています。

まとめ

アメリカで起こっている、米国議会議事堂襲撃事件についてまとめました。

簡単にまとめると

・次期大統領の勝利を認定する議会が開かれる

・トランプ氏がこれに抗議するために集会を開催

・トランプ支持者がホワイトハウスに集結

・トランプ氏が「でもやろうぜ!」と煽る

・煽られた支持者が米国議会議事堂に突撃

・銃撃で1人死亡

・トランプ氏がツイッターで煽る

・米Twitterがルール違反とトランプ氏のアカウントをロック

・PogChampの起源の人物がツイッターで煽る

・PogChampが削除

選挙でデモが起こるのなんて日本では考えられないですが、世界では色々なことがあるものですね・・・。