【結果発表】新庄剛志さんプロ野球復帰を断念。トライアウト後6日間でオファーなし

プロ野球現役復帰に挑んでいた新庄剛志さんが、NPB復帰を断念したと12月13日自身のインスタグラムで明らかにしました。

今年48歳を迎えた新庄さん、「新庄ならやってくれる」との期待感もありましたが残念ながら復帰はならなかったようです。

6日間でオファーが来なかったらやめる

新庄さんは7日に行われたプロ野球12球団合同トライアウトに参加しました。

トライアウト会場は非公表ながら、数十人のファンが集まるなど人気に衰えは見られませんでした。

トライアウトでは4打席で二ゴロ、四球、二ゴロ、左前適時打という結果を残しました。

トライアウトを終えた直後

「6日間でオファーが来なかったら僕はもう野球は終わりです。きっぱりやめます」

と話していました。

1%の可能性を信じてやってきたが

12月13日が、トライアウトを受けてからちょうど6日目に当たる日で、この日までにオファーがなければ新庄剛志さんは野球を諦めると断言しています。

しかし残念ながらオファーはなかったようで、自身のインスタグラムでファンへの感謝を述べました。

この投稿をInstagramで見る

新庄 剛志(@shinjo.freedom)がシェアした投稿

1%の可能性を信じてやって来たが、今日0%になりただただ悔しいし情けない、身の程を知りました! 応援してくれた皆んな、サポートしてくれた皆んなに申し訳ない!しかしいくつになっても挑戦した自分に悔いはなし! みんなも挑戦する楽しさをわかってほしいなぁ! 短い1年だったけど応援してくれた皆さん有難うございます感謝します

世間の声は

新庄選手、本当にカッコよかったです。ただのパフォーマンスと思っていましたが、SNSでの発信を見続けていくにつれて本気なんだと次第に思い始めました。こんな世の中に希望を与えてくれました。これからも応援してます!

本当に残念です。
人々に希望、話題性、今の時代に明るいニュースだったのに。
人は成せば成るっていう事を証明して欲しかった。
でも新庄さんお疲れ様でした。
希望をありがとう。

少ないチャンスで1本打ったのは本当に凄い事。
単年契約でも安い額でもどこか拾って欲しいと思ってたが残念。
だけど、この人は表舞台が似合う。どんな形でも我々を魅了してほしい。

何事も挑戦することに意義があると思いました。
その点は多くの方に共感を得られたのではと思います。
新庄氏のことなのでまた何か別の形で挑戦してくることを期待します。

など、新庄さんの落選を惜しむ声とともに、挑戦することへの意義を教えてくれたことへの感謝の声で溢れていました。

最後に

やはりプロの世界は甘くないという結果でした。

しかし、新庄さんは夢を見せてくれて世間の人も感謝しています。

次は何をやるかが楽しみですね。