俳優の梅野泰靖が老衰のため死去 87歳

俳優・梅野泰靖(うめの・やすきよ)さんが8月25日、老衰のため死去したことが1日、所属の劇団民芸から発表された。87歳だった。葬儀は同30日に家族のみで執り行われた。

梅野泰靖のプロフィール

  • 名前:梅野泰靖(うめの・やすきよ)
  • 生年月日:1933年7月14日
  • 没年月日:2020年8月25日(87歳没)
  • 職業:俳優

梅野さんは、数多くのドラマや映画に出演されている名俳優で、最近では三谷幸喜監督の作品に多く出演していました。

主な三谷作品出演歴

  • ラヂオの時間(1997年)
  • みんなのいえ(2001年)
  • ザ・ワジックアワー(2008年)

また、NHKの大河にも多数出演されております。

来歴

梅野さんは1933年7月14日生まれ。東京都出身。少年期に新児童劇団に3年間在籍し、高校在学中の51年に民芸少年劇第2回公演「山びこ学校」で主役に抜てきされ、54年に劇団民芸に入団した。

また、「世田谷・九条の会」呼びかけ人を務めている。

まとめ

昭和の名優がまたお亡くなりになりました。

ここ最近では、若い俳優さんが自ら命を断つことが多かった中、梅野さんは天寿を全うされたようです。

ご冥福をお祈りします。