今年の『笑ってはいけない』の詳細が発表!!渡部建の復帰には芸人仲間からも厳しい声が

毎年恒例の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 絶対笑ってわいけない』シリーズの詳細が正式発表され、今年のタイトルは『絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!』に決定したと明かされました。

今年のテーマは、一攫千金を夢見る大貧民に扮し、舞台となるラスベガスならではのショーやイベントを体験する内容となっています。

今年も超大物タレントや人気女優がまさかのネタを披露することになりますが、なんといっても一番の話題は”多目的トイレ不倫”で活動自粛中の、アンジャッシュ・渡部建さんが復帰するということです。

渡部さんの復帰には賛否(主に否)の意見が多く見られていますが、芸人仲間からも疑問の声が挙がっているようです。

佐々木希の所属事務所社長も憤り

先日、渡部建さんが「笑ってはいけない」で芸能界復帰するとの報道があり、すでに収録も済んでいるようですがこの復帰に関しては疑問の声が数多く挙がっています。

佐々木希さんが所属する事務所「トップコート」の社長が、渡部さんの復帰に憤りを感じているとの噂もあります。

「渡部さんは騒動後、週刊文春のインタビューに応じたものの、世間に対する記者会見は行っていません。会見をしないまま『笑ってはいけない』で復帰しようとする渡部さんに対して、妻の佐々木希さん(32)の所属事務所社長が憤りを感じているという報道もありました」

また、SNS上でも渡部さんへの説明責任を求める声が多く

「出るならメディアでちゃんと会見してからがよいのでは?」

「渡部謝罪の会見でもしてから復帰するべきだったなガキ使の制作側放送すんのかね」

などの声が挙がっています。

「記者会見しろ」と芸人仲間から厳しい声も

渡部さんの復帰に関しては厳しい意見が多い中、芸人仲間からも厳しい声が挙がっています。

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんは、自身のYouTubeチャンネルで渡部さんの復帰報道について切り込みました。

田村さんは、渡部さんの復帰について会見などを行わず、騒動の説明なしで、『笑ってはいけない』に出演することは大博打と語り、もし自分だったらきちんと世間に説明したうえで復帰すると持論を展開しました。

また渡部さんと同じく不倫経験者の陣内智則さんも、渡部さんの相方である児島さんのYouTubeチャンネルで「陣内さんが復帰の仕方について考えてくれたぞ。」と題した動画にゲスト出演し、渡部さんの復帰に悩む児島さんにアドバイスを送りました。

陣内さんは渡部さんの復帰について

「とても難しい」

と語り、具体的な復帰方法について

「まずはもう記者会見。絶対に。叩かれて、ボロカス叩かれて、2次、3次災害ってあるかもしれん。それをやったうえで、ここ(児嶋のYouTube)にきて謝る。で、児嶋が怒る」

「この過程を踏むことで初めてテレビ復帰へのスタートラインに立つことができる」

と語りました。

ネットの反応は?

芸人仲間からも厳しい声を受ける渡部さん、『笑ってはいけない』への出演については

今回は渡部が出演するみたいだけど、本編ではカットした方が良いと思う。
どうしても渡部を出演させたければ2時間枠の未公開シーンで放送するのもアリだけど、出来ればお蔵入りの方向でお願いしたい。

収録ならば渡部はカットしなきゃいけないと思いますが、、
松本さんならばそうしてくれるといや、そうすると思っていたが、カットしないならちょっと見方が変わりますね。非常に残念です。

でも 渡部起用の漏えいはかえって良かったと思うよ。ガキ使は毎年見てるから
知らずに渡部が出て来て、不快な気持ちで新年を迎えていたかもしれない。
知ったお陰で見ないという選択を選べるのだから。

不倫したらガキ使で復帰できるって流れを今後作ってしまっていいのかなって単純に思う

このような厳しい意見が溢れています。

一方で渡部さんが出ることを特に気にしていないという意見も見受けられます。

渡部さん、嫌な人が見なくても、結局は視聴率取れますから大丈夫です。
でも、見たくないって言ってる人も、ネットニュースに煽られて、見ると思いますよ。(笑)

いやぁ楽しみ!

渡部が出ようが出まいが別に関係ないや。
もう関係者への謝罪はとっくにしているだろうし、こっちに実害があったわけでもない。

最後に

年末恒例の『笑ってはいけない』の詳細が発表されましたね。

今年は渡部さんが同番組で復帰するということで、放送時はネットが荒れそうですがどうなるか楽しみです。

しかし、仲間であるはずの芸人からも厳しい意見が挙がっているのを見ると、完全にテレビに復帰するのは難しそうな気がします。

今更感はありますが、記者会見をしてしっかり釈明するべきだと思います。