山口達也容疑者が一転して容疑を否認!?TOKIOへの未練か?

酒気帯び運転の疑いで、9月22日に逮捕された、元TOKIOのメンバー山口達也容疑者。

当初は酒気帯び運転を認めており、事件はあっけなく終わるかに見えました。

しかしここにきて一転、山口容疑者が酒気帯び運転を否認し始めているとのことです。一体どういうことなのでしょうか?

9月22日の朝に事件は始まった

9月22日の午前9時ごろ、練馬区桜台の交差点で、山口容疑者の運転するバイクが前方の車に衝突しました。

この衝突、車にもバイクにも全く傷がなく、当然のことながら怪我人もいませんでした。

普通なら、お互いの状態を確認し謝って済む可能性がある事故です。

しかし、そうはなりませんでした。なぜなら車を運転していたのが警視庁の職員、山口容疑者からアルコールの匂いを感じ、すぐさま110番通報し逮捕にいたりました。

ここだけ見れば山口容疑者に運がなかったように見えますが、大きな事故になる前に捕まったことは逆に運が良かったとも言えます。

容疑を認めていた山口容疑者

当初の取調べでは、山口容疑者は素直に容疑を認め反省していた様子でした。

24日の朝に送検され、その夜には釈放されるというまさに”予定調和”で進んでいたと思われます。

容疑を認めており逃亡の恐れもないのであれば、普通は釈放されます。

しかし、捜査当局は姿勢を急転し”勾留請求”を出します。

結局のところ東京地裁はこの”勾留請求”を認めませんでしたが、この急転に司法関係者も驚きを見せているようです。

「飲酒運転の末の軽い物損事故で、山口は取り調べにも素直に応じている。そんなに争う点はないとみられていただけに、勾留請求は驚きだった」

と語っています。

軽微な物損事故でまさかの家宅捜索!?

勾留請求が棄却され、準抗告も棄却され釈放が決まった後も、すんなりとは進みませんでした。

警視庁本部を後にした山口容疑者は、捜査員とともに自宅に向かい、異例の家宅捜索が行われました。

自宅には釈放された山口容疑者にコメントをもらおうと、報道各社が集まっています。

そんな中で家宅捜索を行うというのは、検察、警察の厳しい姿勢を感じます。

なぜ家宅捜索まで行われたのか?

今回家宅捜索が行われた背景には、山口容疑者が供述を変えたと言われています。

そもそも、山口容疑者は警察の取調べに対して「朝まで飲んでいた。量は覚えていない」としていました。

しかし、途中から「夜9時から深夜0時ごろまで、むぎ焼酎をロックで5,6杯飲んだ」と微妙に供述が変わっています。

この供述の変化が家宅捜索まで踏みきらせたと思われます。

どうして山口容疑者は供述を変えたのか?

どのように供述を変えようと、アルコールが体内に残っていた事実と、乗用車に衝突した事実は変えられません。

変えられるとしたら、運転した時の認識の部分です。

最初の供述では「朝まで飲んでた」としていますが、この供述だと飲酒運転だとわかっていてバイクに乗ったことを認めたようなものです。

しかし、「9時から0時まで飲んで、その後は寝た」となれば、「まさかアルコールが残っていたなんて!」と言い訳ができます。

要するに、もうアルコールは抜けたつもりでバイクに乗ったと言いたいわけです。

 

分かって乗ったのと、分からず乗ったのでは、罪状は変わらなくとも、世間のイメージは変わってきます。

これは、山口容疑者が少しでも自分をよく見せようと思っていると思われます。

TOKIOに未練が?

芸能関係者は次のように述べています。

「供述が微妙に変遷しているのは、もちろん記憶のあいまいさもあるでしょうが、まだどこかで自分を良く見せたいという部分が残っているのではないか。山口は将来的はTOKIOへの合流を目指していた。今回の事故はその計画が頓挫するほどの出来事。少しでも印象を良くして復帰への道を模索したいのだと思う」

仮に、飲酒運転をするつもりはなくても、結果的に飲酒運転になってしまったという主張が認められたとして、果たしてTOKIOに合流できるのでしょうか?

往生際が悪く感じますが、それだけ山口容疑者も必死なんでしょう。

まとめ

今回は、山口容疑者の供述の変化についてまとめました。

どんなつもりでバイクに乗ったのかはわかりませんが、TOKIOに合流するのは難しい気がしなくもないですが・・・。

今回は以上です。