あびる優が元夫・才賀紀左衛門に無断で娘を連れ出し!?親権巡り係争中!!

2019年12月に離婚したタレントのあびる優さんと格闘家の才賀紀左衛門さん。

そんな2人の間であびる優さんが娘を無断で連れ去っていると『週刊女性』が報じました。

2人の間には5歳になる長女がいますが、現在親権は才賀さんにありあびるさんが娘に会うためには才賀さんの許可が必要なのですが、無断で連れ去りとは穏やかではありません。

いったいどういうことなのでしょうか?

現在も親権を巡って調停中の2人

2014年の9月に結婚したあびる優さんと才賀紀左衛門さん。

しかし、結婚生活は2019年4月で終わりを告げ、その後は娘の親権を巡ってのメディアを巻き込んだバトルに突入しました。

あびるさんが

「大切に愛情いっぱいに育てていくことを誓います」

と発言したかと思えば、才賀さんがSNSで

「僕、才賀紀左衛門が親権並びに監護権(育児権)を持ち責任を持って育てていく」

と反論するなど激しいバトルを繰り広げていました。

現在は親権は才賀さんが持ち、離婚後に開設した「子育てブログ」ではAmebaブログのパパ部門では上位常連だそうです。

しかし、11月1日『文春オンライン』あびるさんは現在も裁判所に親権の変更を申し立てており調停中であると報じ衝撃が走っています。

才賀紀左衛門のネグレクト問題?

そんな子煩悩そうな才賀さんですが、親権争いの報道と同時にネグレクト問題も一緒に報じられています。

2人の娘が通うインターナショナルスクールから保護者宛に一斉送信で、才賀さんを避難するメールが送信されました。

《A子ちゃん(※実際には実名)は7月22日にコロナウイルスの可能性のある症状によりスクールをお休みされました。●●先生(※実際には実名)はコロナウイルスのテストを受けていただき陰性であるという証明を提出いただくことと、2週間ご自宅で自粛をしていただくことをお願いしました。ですが、お父さまはそのお願いを拒否されました。

(中略)複数の保護者の方からA子ちゃんをお外で見かけたとのご報告をいただきました。スクールでも実際にお外にいたことを確認しています。お父さまからの不正確な情報提供により、A子ちゃんが再度通学を開始できる日が遅れています。

(中略)スクールではA子ちゃんがご通学できない間、オンラインスクーリングをご提案いたしましたが、お父さまは学習面における彼女のサポートをされていません》

これによると、娘のA子ちゃんにコロナの疑いがあるのでPCR検査を受けるようお願いしたが拒否されたとあり、そのためA子ちゃんのスクール復帰が遅れている。

オンライン授業も提案したが拒否されたと書かれています。

こんなメールが送信されるキッカケになったのもあびるさんと才賀さんの親権争いが原因です。

娘に会えないあびる優が強硬手段に出た

離婚して以来、あびるさんは娘との面会許可をなかなか出してもらえないと落ち込んでいたようでした。それを見かねたママ友の強力で、スクールで娘と面会できる機会を設けたそうです。

それを知った才賀さんが激怒して、娘をスクールに通わせない暴挙にでました。

その時の口実が「体調が悪い」というもの。

しかしその口実が物事を悪い方向へと推し進めてしまいます。

「体調が悪い」と聞いたスクール側は、コロナウィルス感染の可能性を指摘しPCR検査と自宅待機を要請しました。

しかし、実際には元気だった娘は、検査を受けさせることもなく、外でも普通に遊ばせていました。

それが他の保護者に目撃され、一斉メールの送信となりました。

その後もスクールと才賀さんの話し合いは続いたようですが、意見が噛み合うことはなく、結局娘さんはスクールを退学することになってしまいました。

スクールでの面会後、娘を連れ出した!?

あびる優さんが娘に会いにスクールに来ることは何ヶ月も続き、「ママのおうち行こっか」と連れ出すこともあったようです。

「あびるさんが仲良くしているママ友の協力で、才賀さんに黙ってスクールへ行き娘さんと会っていたんです。」

「何ヶ月も続けて来てましたよ。週に3回以上スクールに会いに来ていることもありました。親権がパパにあるのは知っていたので問題は解決したのかな、って思ったくらいです。

「あびるさんが『ママのおうち行こっか』とスクールから連れ出したことも会ったんです。その時はさほど気にしませんでしたが、才賀さんに無断でやっていたら連れ去りとかそんなことになるんじゃないかって怖くなりました。

引用元:週刊女性

とスクールに子供を通わせている保護者が証言しています。

実際に連れ去りはあったのか?

この件で週刊女性が才賀さんを直撃したところ

「係争中なので詳しく話すことはできないんですが、自宅への連れ去りは事実です」

引用元:週刊女性

と才賀さんは語っています。

最後に

大人の事情でスクールを退学させられてしまった娘さん。

あびる優さんも才賀紀左衛門さんも、娘さんのことより自分の欲求を第一に考えているようにしか見えません。

偽装離婚と揶揄されながらも、まだ木下優樹菜さんと藤本敏史さん達の方が、お子さんにはいい環境に思えてきます。

まずは娘さんのことを第一に考えて欲しいものです。