安藤優子の押し付け合い?炎天下リポート問題で居場所なし

安藤優子の炎天下リポート問題で「直撃LIVE!グッディ」の中継ルールが見直されることが分かった。

この問題は、8月19日放送の同番組で京都の酷暑を中継した女性ディレクターが「フラフラする」「頭がボーっとしています」など熱中症とみられる症状を訴え、スタジオに返そうとした。

すると安藤が「返しちゃうの?私、返されたのね」と大笑い。ことの重大さに気づいていないのか、わざとなのか「えーと、もう1回お返ししていいですかぁ」などと陽気に中継を継続させようとしたことで批判が殺到した。

翌日の20日の放送では、謝罪があるかと思いきや、このことに一切触れることなく通常運転で番組は終了。

この対応にもネットでは批判が集まっている。

関連記事

8月19日に放送された「直撃LIVEグッディ!」で安藤優子キャスターが見せた対応にネットでは批判が集まっている。 ふらふらのリポーターに無理やり中継を続けさせようとする安藤優子 京都・嵐山の渡月橋でリポートしていた豊田綾子ディレクターが[…]

関連記事

中継ディレクターが熱中症でフラフラになりながらも必死で中継しているなか、笑いながら無理やり中継を続けさせようとした対応を見せた8月19日の放送から一夜明けた20日。 放送の冒頭でなんらかしらの謝罪があるものと思っていましたが、謝罪する[…]

このことを受け中継ルールの見直しを

フジテレビとしてもこのまま知らんぷりを続けたかっただろうが、ここまでネットでの批判が大きくなると無視を続けるわけにもいかなくなったのか、中継ルールの見直す必要があると語った。

内部関係者によると「当面の間、炎天下のリポートは積極的にはできない。車中から中継したり、日傘をさしたり、水タオルを首に巻くなど、視聴者の目に見える形で熱中症対策を講じなければいけなくなる」という。

安藤優子の度重なる失言に関係者もウンザリ

安藤優子の失言は今に始まったことではない。

競泳の池江璃花子選手が白血病を公表した時は

「かわいらしさとすべてを持ってらっしゃるなと思ったんですけど。神様がちょっと試練を与えたのかな、というふうにも思います」と笑顔をのぞかせた。

斉藤由貴の不倫騒動の際も「大人の恋っていうのは許されないんですかね?」と発言し批判が殺到した。

これら以外にも数々の失言がある。

安藤優子の押し付け合い?

「直撃LIVE!グッディ」は9月いっぱいで打ち切りとなり、坂上忍が司会を務める「バイキング」に”吸収”される。

グッディが終了したあとの安藤の去就は明らかにされていな。

フジテレビの功労者ではあるが関係者からは明らかに煙たがられているようで

「これまでも失言が多かったが、今回でダメ押しとなった。数字(視聴率)を持っているわけでもないし、ギャラも高い。一部で夕方のニュースへの〝出戻り〟も噂されているが、本人のプライド的にどうか。安藤優子の〝押し付け合い〟が始まりそうだ」

と内部関係者は語る。

安藤優子の押し付け合いまとめ

今回の炎天下リポート問題がダメ押しになった安藤優子。

現在61歳の安藤、本人は「70まで現役よ!」と宣言しているそうだが、そろそろ身をひいてはどうだろうか?

芸能人は周りから必要とされなくなった時が身の引き際だと思うのだが・・・。

今回は以上です。