ザブングルが3月末で解散!闇営業がきっかけに?今後は加藤はピンで松尾は芸能界引退

お笑いコンビ・ザブングルが3月末で解散することを『週刊女性PRIME』が報じました。

ボケ担当の加藤歩さんはピン芸人に、ツッコミ担当の松尾陽介さんは芸能界を引退することも合わせて発表しました。

解散の理由はなんなんでしょうか?

ザブングル解散の経緯

ザブングルが解散という結論に達した原因として、2019年に問題となった”闇営業”があったといいます。

松尾陽介さんは『週刊女性PRIME』のインタビューに

松尾「40歳を過ぎて、漠然とこのままお笑いを続けていけるのかな……と思っていたところ、闇営業が発覚して。それでお笑いで食べていくのは無理かなと引退を考えるようになりました。自粛期間中、時間がたっぷりあったこともあり、相方と話し合ったところ、特に止められることもなかったので」

と語っています。

もともとお笑いを続けていけるのか悩んでいたところに”闇営業問題”。自粛期間中に行なっていた介護ボランティアが引退への気持ちをより強めたようです。

松尾「闇営業騒動が起きて、もう僕らで笑ってもらえないんじゃないかなと、人前に出るのが怖くなってしまったんです。そんなときに介護施設でいろんな方と触れ合ったことで、世の中には人から求められている仕事がたくさんあるんだなと実感して。それでお笑い以外の仕事をより考えるようになりました

一方相方の加藤さんは、松尾さんが辞めたがってるのはなんとなく察していたようで

加藤「コンビを組んで20年以上たっているので、相方が考えていることは空気で察してしまうというか。事前の準備はできていましたが、改めて解散のことを言われたときは驚いたし、本当に解散するという感覚はまだないですね」

と明かしました。

新型コロナの影響も

闇営業問題の自粛期間が解け、2019年9月から活動を再開したものの、わずか半年で新型コロナウイルスの蔓延により仕事が激減したといいます。

新型コロナも解散を後押しする結果になったと話します。

加藤「謹慎したことで収入が半分になり、コロナの影響でさらに半分になりましたから。僕は結婚して子どももいるので、最初の自粛期間中に消防設備士の資格を取り、その仕事も始めました。“乙種6類”という国家資格を取得したのですが、それを持っていると消火器の点検と整備を行うことができるんです。

介護施設などで防災訓練も行っているのですが、この顔のおかげで僕のことを知ってくれている方も多く、話を聞いてくれるので、今後も多くの人に防災訓練の大切さなどを伝えていけたら」

と芸人を続けていく加藤さんが熱弁していますが・・・(笑)。

今後はどうするのか?

3月末で解散を決めたザブングルですが今後はどうするのでしょうか?

ツッコミ担当の加藤さんはピン芸人として活動を続けていくようですが、松尾さんは芸能界を引退し裏方に回ると明かしました。

しかし、まだ具体的なことは決まっていないと言います。

引退のタイミングに関して松尾さんは

松尾「まだ身体が元気なうちに次に行かなきゃというのはありました。10年前なら引退は早すぎるけど、10年後なら遅いと思ったので、そういう意味でも踏ん切りはつきやすかったですね」

と引退するなら「今しかない」と語りました。

加藤さんは

加藤「松尾以外とコンビを組むつもりはないので。あ、でもとんでもなくすごい人から誘われたら、新しいコンビも考えます(笑)。芸名を考えたときに『ザブングル』を残すことも考えたのですが、この名前は2人のものだし、過去にしがみついてもしかたがないので、本名の加藤歩として再スタートし、お笑いだけでなく俳優などいろいろな可能性も探りたいです!」

現状では松尾さん以外とのコンビは考えられないので、ピンでやっていくことを表明しました。

最後に

最近はなかなかテレビで見る機会が無かったザブングル。

まさか引退を考えていたとは思いませんでした。

芸人さんは一度売れれば営業などで食いつないでいけると思っていましたが、コロナ禍でそれも厳しい状況のようですね。

引退という思い切った決断をした松尾さんの今後を応援したいと思います。